スピリチュアルでよくある「波動が高い低い」についてノリが思う事

波動について語ります

 

今回は主にスピリチュアルに出てくる「波動」についてお話したいと思います。

 

いつものことながら、このお話も視点によっていろいろ表現が違ってきます。

「視点って何?」という人はこちらをどうぞ。

【視点の重要性】人生における幸せ(幸福度)にも関係するかもしれない話

 

それぞれの視点で順番に説明していきます。

 

波動って何?

「そもそも波動って何?」ということなんですけど、簡単に言うと私たち人間ももちろんそうですが、すべての万物は元をたどっていくと「エネルギー」なんです。

 

そのエネルギーの密度であったり振動数によってこれは「人間」、これは「動物」、これは「植物」、これは「お金」というような違いがあります。

 

例えば「波動が高い」というのは、このお話でしたような「ワンネス」に近い波動になります。

【ワンネスとは?】スピリチュアルの中でも悟り系によく出てくるお話

 

わかりやすいもので言えば、自然の中など「人工的」ではない場所です。

 

人間で言えばいつも怒っていたりイライラしている人ではなく、おだやかな人、優しい人とかです。

 

また「なんで私ばっかり、、」というような世界と「分離」している状態は波動的に言うと低く、「○○のおかげだな~」というような世界との「一体感」のあるような状態は波動が高いとも言えます。

 

先ほど「お金」という言葉を使いましたが、お金も同じエネルギーの一つなので「お金は汚いものだ!」とかお金自体を否定するような人にはお金は集まってきません。

 

ある視点から見ればお金自体に意味も価値もないです。

 

人間がそれぞれ「お金とはこういうもの」と勝手に意味や価値をつけているだけです。

 

人間関係でも「人間なんて嫌い!」と言ってる人のところに人は集まらないですよね。笑

 

それといっしょで「お金なんて汚いものだ!」「お金をたくさん持つと苦労する!」と言ったり思っていると、その人自体そういう波動(エネルギー)になるので、当然お金は離れていったり、「思考は現実化する」という言葉もあるように本当にお金で苦労するような事が起きたりします。

 

具体的には出費が増えるとかそういう単純な事ではなくて、「巡り合わせ」自体がなくなっていくイメージです。

 

さっきは「波動が高い」の話をしましたが、逆の「波動が低い」という場合はその「逆」という事になります。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、この波動というのは振動数、周波数なので人間関係でいえば同じような人と自然とつきあうようになります。

 

そして人の悪口ばかり言ってるところには、同じような人が集まります。

 

そしてこの波動というものも、川の流れのようにずっと同じではなく変化します。

 

「あれ?昔はあんなに仲良かったのになんか最近居心地が良くない、、」

 

という場合は、相手が悪いとか自分が悪いとかではなくて、単に波動が変わっただけの事です。

 

だから相手を無理に変えようとかするのではなくて、あまり違和感があるようなら距離を置くとか、そっと離れたほうがお互いのためにいいです。

 

そしてこういう話をすると、

  • 波動が高い=良い
  • 波動が低い=悪い

という単純な二元の話になりやすいですが、それも視点によって変わります。

 

確かに波動が高いほうが世の中的にはいいんですけど、「低い」があるから「高い」がわかるようにバランスを取るにはどちらも必要なんです。

 

映画でもいわゆる「悪役」がいるからこそ、ストーリーが面白くなるのと同じように、「白」をより認識するには背景の「黒」が必要になるのといっしょです。

 

この世を学芸会に例えるなら、波動が高い人も低い人もそれぞれがそういう「役割」とも言えます。

 

もちろんその役割はずーっと同じの人もいれば、変わる人もいます。

 

「波動を高くするにはどうしたらいいの?」

 

という方法みたいな情報もたくさんありますが、これはある意味「どうしようもない」とも言えます。

 

という視点が、悟り系のお話にもある「人生は全て決まっている」という「運命論」というものです。

 

また別の視点から言えば、「人生は自分次第で変えていける!」という先ほども出た「思考は現実化する」というパターンもあります。

 

この一見矛盾した視点は別に「どちらが正しい」というものはなくて、「どちらも正しい」です。笑

 

ではここからは「波動を上げるにはどうしたらいいの?」という部分を、簡単にですがお話していきます。

 



波動を上げる方法とは?

例えば「波動を上げるぞー!」って無理にニコニコしておだやかになろうとしても、そういうのは「なんちゃって」なので、すぐにメッキがはがれます。

 

「感謝しなさい!」も同じ事なんですが、波動って「行為」ではなく「状態」なので、「なろうとしてなれるもんでもない」んだと思います。

 

自然に咲いてる「花」は無理に何かになろうとしてないですよね。

 

「ただそうである」

 

という状態。

 

波動というのは高ければ高いほど、人間の肉体のような物質的なものからは離れたものになります。

 

究極的には最初に言った「ワンネス」が元になりますが、まあここまでくると高い低いの次元ではないですけど。笑

 

自然に囲まれた場所に行くとなんだか癒されるのは、そういった場所は波動が高いからです。

 

逆に都会の人混みのような場所に行くと、なんだか疲れるのはそういった場所は波動が低いからです。

 

リラックス状態も波動が高い状態です。よくお風呂に入ってたら「いいアイデアを思いついた!」というのは波動が高まった事によってよりいい振動数になり、同じ振動数の情報と繋がる事ができるからです。

 

こういうのをよく「アカシックレコード」と言ったりしますが、ここではまた話が長くなりそうなので割愛します。笑

 

「波動を高めるにはどうしたらいいの?」

 

これは別にそんなに難しく考える必要はないです。

 

さっきも言ったようにお風呂でリラックスしたり、好きな音楽を聞いたり、部屋を掃除したり、「自分の気分がよくなる事」を選択していくだけです。

 

付き合う人も選んだりもそうですが、もちろん嫌な事をすべて排除するのは難しいです。

 

でもある程度は自分の意思で「選択」はできます。

 

僕自身も昔に比べると、いろいろなものや事を排除しました。もちろんそれによって人によく思われない場合もありましたけど、「それでもいい」と選択しました。

 

それはなぜかというと、自分が死ぬ時に「なるべく後悔したくなかったから」です。

 

「なるべく」というのは、やはりこの世に生きていく以上「すべて」は無理だと思います。

 

ただ、やはり自分で選択できる範囲では「どう生きたいのか?」という事を自分に聞いて行動するようにしています。

 

そうして結果的に昔の自分と今の自分を比べた時に、今のほうが楽しく生きれています。

 

これは「何かを得るには何かを捨てる」という言葉が、イメージとしては近いかなと思います。

 

また別の視点から言えば、波動を上げるヒントは「日常」の中に常にあって、それは「食事」、「睡眠」、「お風呂」に関係しています。

 

その辺りの詳しいお話はこちらの記事で説明しています。

エネルギー(波動)を高める方法の鍵は日常の食事、睡眠、お風呂にある

 

波動って特別な人のもの?

実は、、本当に書きたい事はここからなんです。笑

(´_ゝ`)前フリながっ

 

波動って聞くとなんだかそういう、、

「スピリチュアルな人のだけのもの」

みたいなイメージがありますが、僕はそうとは思いません。

 

例えば、スピリチュアルな話なんてなにも知らない畑仕事しているおじいさんが、めちゃくちゃ波動が高い場合もあると思います。

 

逆に言えばスピリチュアルな仕事をしている人が、「イコール波動が高いのか?」と言えばそうでもないと思います。

 

例えば「波動調整」とか仕事にしているスピリチュアルな人もいますけど、別に波動調整なんてしなくてもさっきも説明したように、好きな音楽聞いたり自然の多い場所に行ったり掃除したりすれば、それが自然と波動調整になっている場合もあると思います。

 

これは別に「波動調整を生業にしている人が間違ってる」と言う事ではなくて、それに対して需要があってお客さんが満足していればそれはそれでいいと僕は思います。

 

みんなそれぞれ「好きなもの」が違いますからね。

 

波動って別に特別な「誰かの何か」ではなく、みんな元々がそうであるという事。

 

そしてある視点から見れば「高い低い」という概念がありますけど結論としては、

「そんな事自体、別に気にしなくていい」

という事です。

 

別にその人の中だけでやっている分にはいいと思いますが、

 

「私、波動高い~!うぇーい!あなたは波動低い~!はいダメ~!」

 

って言ったり人に押し付けてる時点で、正しい間違ってる波動どうこう以前に「それって人としてどうなの?」という事ですよね。笑

 

波動なんて言葉知らなくても、幸せな人は幸せだし、たとえ知っていてもゴチャゴチャした人生を送る人もいる。

 

波動が人生を変えるのではなくて、「自分(内側)が変わる」ことによって波動が変わるんです。

 

まあ今回もいろいろと書きましたがようは、

「まずは自分のできる範囲で自分の気分がよくなる選択をする」

という事だと僕は思います。

 

 

ちょこっと追記

ここまでの説明にあった「自分の気分がよくなる選択をする」というのは、「人生のステージ」で言うところのステージ1(欲望)、ステージ2(自己実現)の人に相性のいいお話です。

 

これはお気づきのように、想いの先が「自分のため」だからです。

 

もちろん人にはそれぞれ魂レベルの段階というものがあるので、どれが正しい間違いという話ではないです。

 

そして想いの先が「人のため」というのは、ステージ3(貢献)、ステージ4(使命)の人の考え方です。

 

この「人のため」が「自己犠牲」に感じるうちはステージ1、2の人の特徴です。「人のため」が回りまわって「自分のため」になるのが「循環」です。

 

波動がより高い人ほど「人のため」に何か行動し、回りまわってエネルギーが還ってきて、さらに自分の波動が高くなって循環しているというイメージです。

 

人に喜んでもらうことが自分の喜びになっている。

 

この状態が世界との「一体感」であり、この一体感が強い人ほど「波動が高い」と言えます。

 

関連記事→スピリチュアルでよくある「次元とは?」とその意味について語ります

 




 

[画像出典 https://unsplash.com]

コメントを残す