【視点の重要性】人生における幸せ(幸福度)にも関係するかもしれない話

 

ノリです。

今回は人生における幸福度にも関係する「視点の重要性」について書いてみたいと思います。

 

僕がこのブログでよく使う「ある視点によっては~」というやつです。

 

さっき「幸福度」という言葉を使いましたけど、「幸せ」というもの自体、この視点によっては「ある」とも言えるし、「ない」とも言えます。その辺りのお話は、以前にこの記事でも説明しました。

 

この視点が「人生そのものを変える」といっても、言い過ぎではないぐらいの重要性を持っています。

 

大きいカテゴリーだと先ほども言った「幸福度」になりますが、もう少し細分化させると「仕事」「人間関係」「恋愛」などあらゆる場面で効果効能が考えられます。

 

今回はそれぞれの場面で「どういう視点の使い方があるのか?」という部分を、順番に説明していきたいと思います。

 

が。。

 

その前に「そもそも視点って何?」という部分から説明しますね。

 

そもそも視点って何?

視点とは他にも「フィルター」「色メガネ」などいろいろな言い方がありますが、まあ言い方は何でもいいです。笑

 

単純にいえば、「ものの見方」。

 

「もの」というのは物質的なものだけではなくて、「人の気持ち」とか「俯瞰」して見るなどあらゆるパターンがあります。

 

もう一つわかりやすく言うと、

「同じものでも見る角度(視点)によって答え(正しさ)が変わる」

という事です。

 

例えば物質的な例で言うと「缶コーヒー」をシルエットだけで見てみると、

 

正面=長方形

斜め上=円柱形

真上=円

 

「水」一つとって見ても、

 

常温=水(液体)

低温=氷(固体)

高温=水蒸気(気体)

 

このように缶コーヒーにしても水にしても「同じもの」なのに、見る角度(視点)によって答え(正解)が変わります。

 

そしてさっきの話でも「結局どれが正しい(本当な)の?」と聞かれても、どれが正しいとか本当ってないですよね。笑 「正しさ」「答え」というものは、それを見る人の視点によって全て変わります。

 

例えば「真理」という言葉一つとってみても「ある」という場合、それはあくまでその人の視点の一つにすぎないです。仮に「この世の真理」というものがあったとしても、やはり視点によっては「ない」んですね。

 

では次に、視点の場面別の扱い方について説明します。

 

人間関係での視点のパターン

まず「人間関係」での視点について。例えばあなたの仕事場で「嫌いな上司」がいるとします。

 

「なぜ嫌いなのか?」は人それぞれなのでここではまあ何でもいいんですけど、あなたから見たその上司は「嫌な人」「苦手な人」というカテゴリーに分類されます。

 

あなた(主観)=上司(嫌いな人)

 

次にその上司にはまだ小さい子供がいて、その子供から見た上司は「いつも遊んでくれるパパ」「大好きなパパ」というカテゴリーに分類されます。

 

子供(主観)=パパ上司(大好きな人)

 

次にその上司はタバコとお酒が大好きです。奥さんから見た上司は「タバコ臭い人」「酒臭い人」というカテゴリーに分類されます。(ちょっとせつないですがあくまでも「例」なので笑)

 

奥さん(主観)=上司(臭い人)

 

このように見る人(主観)によって同じもの(上司)でも、感じるものが違ってきます。

「どれが本当の上司?」

はい。どの上司も本当です。

 

あなたから見た「嫌いな人」は、違う誰かから見たら「違う」かもしれません。だからと言って「人の嫌な部分も好きになろう!」とかそういう暑苦しいのではなくて、「私という主観」は絶対的な正しさを持たないという事です。

 

「あの人は嫌いだけど、、それは私にとっては、、」という意味。

 

というように「決めつけない事」が人生において大事なことだと思います。



恋愛関係における視点のパターン

次に「恋愛関係」での視点ついて。

 

例えば、

「私が結婚できないのは男のせい!今まで出会ってきた男は浮気ばかりしてすぐ裏切るし、もう男なんて信用できない!」

という女性がいたとします。

 

「結婚」という言葉が出てきましたが、この話では結婚する事が「いい、悪い」という話ではないです。(念のために。)

 

この女性から見た視点では、「男=信用できないもの」

 

この場合、

  • 女性は「自分は正しい」
  • 相手(男性)は「間違っている(信用できない)」

というパターンになります。

 

もう少しわかりやすく言うと「被害者意識」というもの。

 

「自分はこれだけ(正しいことを)やってきたのに、相手のせいで今結婚できない。」

 

確かに女性の言い分も一部正しいところもあるかもしれないですけど、「全部そうなのか?」となるとやはり違いますよね。

 

そもそもそんなだらしない男性と付き合う事自体にも、その女性の自己責任とも言えます。世の中の男性全てが「だらしない」「信用できない」わけじゃないですから。

 

少し厳しい言い方ですけどその程度の男を好きになる、付き合う事自体がその女性の「今」という結果を引き寄せているとも言えます。

 

簡単に言えば相手のせいだけにするのではなくて、「そもそもそういう自分はどうなのか?」と自分に視点を向けてみる事も時には大事なことだと思います。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉もあるように、そんな変な相手といっしょにいるって事は、自分もそれと「同じ」かもしれないと疑ってみると、いろいろなものが見えてきたりします。

 

仕事(ビジネス)での視点のパターン

では次に「仕事(ビジネス)」での視点のパターンです。

 

僕自身、現在も自営業という仕事をしてますが、決して順風満帆ではなく過去に「あ~今月売り上げヤバいな~」という時期が結構ありました。「過去に」という言葉を使っているのは、現在はおかげさまで順調です。笑

 

過去にビジネス的にダメだった理由はとても簡単です。それは視点が悪かったから。

 

どんな視点かと言うと、先ほどの恋愛関係のパターンと同じで「被害者意識」だったからです。

 

「時代が悪いから~」

「消費税が上がったから~」

「近くにライバル店が増えたから~」

「○○のせいで~、、」

 

残念ながらこういう考え方のうちは、過去の僕のように仕事はほぼ100%うまくいかないです。僕も過去の考え方のままだったら、今ごろお店を潰していたかもしれません。笑

 

じゃあどういう視点で見ればいいのか?

 

それは「相手のせい」を見るのではなく、「自分のせい」で見ること。

 

お店の売り上げが「落ちる」のも「上がる」のも、何かしらの「原因」があります。これはどちらも共通しますけど、「偶然」はないです。そしてその「原因」を徹底的に考えます。

 

例えばどんなお店でも同じですが、ビジネスはそもそもお客さんが来ないと(集客できないと)始まりませんよね。

 

まず集客できてないなら、

「どうやったら集客できるのか?」

「どうやったらお客さんに知ってもらえるのか?」

という事を徹底的に調べてそれを実行します。

 

そして知ってもらえても来店してもらえないなら、お店自体に魅力がないという事です。

 

次は「どうやったらお店の魅力を引き出す事ができるのか?」という事を徹底的に調べてそれを実行します。

 

そうやって「何が足りてないのか?」を考えて調べて行動すれば、「なにもしなかった今まで」よりは確実に現実がいい方向に動き出します。これは僕自身が体験した事なので、ある程度自信を持って言えることなのでこうして書いています。

 

とにかく現状を「自分以外のせい」にしてても現実は何も変わりません。変わらないどころかむしろ悪化していきます。過去の僕がまさにそうでしたからね。笑

 

ましてや「引き寄せの法則で~」とただワクワクしているだけでは、現実はなにも変わらないです。目の前の現実を変えるには、どんな小さな事でもいいのでまず「具体的な何か」をしないと動き出さないです。

 

「思考は現実化する」

 

という有名な言葉がありますけど、これは「思考しただけ」では現実化しないんですね。困ったことに。。笑

 

自己啓発やスピリチュアルでの視点

自己啓発やスピリチュアルの本やブログでよくこういう言葉があります。

 

「なにがあっても大丈夫」

 

これも「ある視点」からの言葉になりますが、別に間違ってるわけではないです。その視点から見れば正しいと思います。その視点とは、「非二元」「ワンネス」と言われるものです。

 

もちろんその視点ではない「大丈夫パターン」もありますけど、ここでは非二元やワンネスを例に説明します。ここでの「大丈夫」は簡単に言えば、「神視点」「宇宙視点」です。

 

Googleマップをイメージしてもらうとわかりますが、どんどん俯瞰して見ていくと丸い地球が見えてきます。宇宙から見た視点はに「問題」はありません。でも地上で生活している人間にとっては問題はあります。

 

「神視点=大丈夫」

「人間視点=大丈夫じゃない」

 

そして地球からさらに俯瞰していくと、宇宙誕生前の視点になります。いわゆるビッグバン(宇宙誕生)の前の状態というやつです。

 

ここまでくると先ほどの説明にも出てきた「ワンネス」という視点で、「問題」もなくなるけど「私」もなくなります。

 

「何があっても大丈夫」

 

は神視点から見た場合は確かに間違ってないんですが、地上で生きている人間にとっては「何があっても大丈夫ではない」です。

 

もう少し厳しい言葉でいえば、自己啓発やスピリチュアルでのこうした言葉はその場しのぎの「気休め」、もっと言えば「誤魔化し」とも言えます。

関連記事→僕が思うスピリチュアルにある悟りや非二元の言葉に潜むデメリット

 

また長くなりそうなので、、笑 そろそろ「視点」の話をまとめると、

 

同じ言葉一つとっても、どの視点から見るかによってその「答え」が変わる。

 

という事。そしていろんな視点で物事を見ることによって、相手に対する考え方も変わってきます。そして「考え方」が変わると「行動」も変わって、最終的には人生そのものにも影響を与えると僕は思っています。

関連記事→自己啓発で「思考は現実化する」為に必要な事と僕が実現させた成功例

 

もちろん人間なので、嫌いな人は嫌いだしジャッジしたっていいんですけど、まずいろいろな視点から物事を考えるだけでも人生においてムダにはならないと思います。

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “【視点の重要性】人生における幸せ(幸福度)にも関係するかもしれない話”

  1. ノリさん、こんにちは✨
    ノリさんのブログは以前から視点について何度も触れてましたが、今回の記事はいちだんと整理されててとてもわかりやすいですね。視点の大事さがつたわります(*^^*)

コメントを残す