劣等感をなくす方法は必要ない?コンプレックスのおかげで人生は豊かになる

 

ノリです。

今回は人間ならおそらく誰でも持っているであろう「コンプレックス」について書いてみたいと思います。

 

精神世界の話でもポジティブ、ネガティブという「プラスとマイナス」があるように、このコンプレックスという感情はどちらかというと「負の感情」に分類されると思います。

 

精神世界では「ネガティブはダメ、ポジティブはいい」とよく言われますが、いつもこのブログで言うようにこの世界はそんな単純ではないです。

 

この世界は二元性なので、天秤のようにどちらかに偏ればその反対側に影響します。

 

コンプレックスは「負の感情」ですが以前「この記事」にも書いたように、感情というものは自分の心の声を教えてくれるサインなんです。

 

「いい感情=正しい」「負の感情=ダメ」という単純な話ではなく、感情に無駄なものはなくてそれぞれにメッセージ(意味)があります。そしてこのコンプレックスにも当然意味がありメリット、デメリットが同時に存在するんですね。

 

ではコンプレックスのメリット、デメリットの話に行く前に、「劣等感との違い」について少し説明したいと思います。

 

コンプレックスと劣等感の違いとは?

コンプレックスに似た言葉で「劣等感」というものがあります。

 

これに関して少し気になったので調べてみたんですが、劣等感というのは例えば学校のクラスの中で「自分一人だけ出来ない事がある」というような場合に起きる「自分はダメな人間なんだ、、」という感情です。

 

少し難しい言葉では「所属感の欠如」とも言います。ようは「自分だけ持っていない」という欠如感からくる感情の事ですね。

 

これは身体的、経済的、家族的、仕事面などあらゆる事に当てはまる事で、ようは「自分の足りない部分にフォーカスしている状態」です。この劣等感というものの定義はとてもわかりやすいですよね。

 

そしてコンプレックスの定義は少し違っていて、人生を生きていく中で生まれたいろいろな「負の感情の複合体」というような位置づけになります。

 

簡単に言えば「コンプレックス」という大きなカテゴリーの中に、「劣等感」という1つの負の感情の種類が存在するといったイメージですね。

 

「劣等コンプレックス」という言葉もあるように白黒ハッキリ境界線を付けるという事は難しいと思います。といういうよりそんなこと自体する必要もないです。

 

こういう話を掘り下げていくとやたら難しい用語や話が出てきますけど、専門家になる場合以外は正直別に必要ない知識かな~というのが素直な感想です。笑

 

ここではコンプレックスについてだいたいのイメージが掴めればいいと思います。



ダイアナコンプレックスとは?

コンプレックスの話の1つに精神分析の用語で「ダイアナ、コンプレックス」というものがあります。

 

この「ダイアナ」とはギリシャ神話に出てくる「アルテミス」のことで、このアルテミスは狩猟を司る強くて勇敢な森の女神の事です。

 

このアルテミスはとても能力が高い女神なんですが、それ故に「周りの男をバカにする」という欠点がありました。

 

この話にあるように「人より能力が高い」という事はたしかにこの世的に「いい部分」に見えますが、「光があれば影がある」のと同じでそれによって損したり痛い目にあったりするという場合があります。

 

「コンプレックスを克服したい!」という人は世の中にたくさんいると思いますが、そもそもこのコンプレックスがあるおかげで「人生をよりいいもの」にするきっかけになったりします。

 

マイナスとプラスは常に表裏一体で、今マイナスに見えるものは本人次第で「プラスに変換する事」ができます。

 

コンプレックスのおかげで強くなれるし成長できる

世の中には「コンプレックスをなくす方法」などの情報がありますが、極論を言えばコンプレックスは無くさなくていいと言うか、完全には無くならないものです。

 

最初にも言ったようにこの二元性の世界では、負の感情「だけ」を無くすという事は「仕組み上」できないんですね。

 

「陰と陽」という言葉があるように、この世界では負の感情が存在するには正の感情がいるし、逆に正の感情が存在するには負の感情が必要になるという2つあって1セットなんです。

 

この仕組みに逆らって無理に負の感情を抑えつけたり無くそうとすれば、悪循環を起こして逆に人生がおかしな事になる可能性もあります。

 

なので負の感情というのは「なくす」のではなくて、自分の中で「認める」「飼いならす」ほうがいいんです。

 

コンプレックスは負の感情の中の1つですが、こういう「負」があるおかげで世の中的にはバージョンアップできるし、個人レベルでも成長する事ができたりとより人生を豊かにするきっかけになります。

(´_ゝ`)そうなの?

 

例えば会社レベルで見ても、、

 

「うちの商品は完璧だからこれ以上何もしなくても大丈夫~!」

「うちの商品はライバル会社の商品と比べてるとまだまだだからもっと改善していかないと!」

 

どちらの会社の考え方が「より良い商品」をこれから作るのかは一目瞭然ですよね。

 

「今に満足」してしまったら向上心がなくなります。逆に「劣等感」があるおかげで社会全体で見ても成長することができます。

 

「人」に当てはめてみても、例えばボクシングの元世界チャンピオンで有名な内藤大助さんも「学生の頃にイジメられていたヤツらを見返したい!」という強いコンプレックス、劣等感があったからこそ人より努力できたし世界チャンピオンにまでなれたんだと思います。

 

逆に内藤さんの学生の頃がいわゆる「リア充」だとしたら、ボクシングすらやっていなかったかもしれませんよね。

 

そしてボクシング繋がりの話では、昔有名なボクシングトレーナーが言った言葉で、、

 

「恐怖心がないボクサーはいない。

恐怖心は「火」と同じ。

扱い方によって敵にもなるし味方にもなる。

恐怖心はなくすんじゃなくて飼いならすんだ。」

 

たしかこんな感じの事を言っていたんですが、このトレーナーの言う恐怖心の部分は今回のコンプレックス(劣等感)と本質的には同じだと思います。

 

コンプレックスもあまりに受けすぎるとストレスにもなるし精神的にもよくはないです。ただそういった負荷がかかる分、反転して強くなったり成長できたり、より人の痛みを理解する事もできます。

 

これは「幸せ」「不幸」という二元性みたいなもので、この世界に「幸せしかなかったら」その状態はもう幸せかどうかもわからないですよね。

 

この世界にコンプレックスがなかったら、さっき言ったような「強さ」「成長」「人の痛みを知る」といった機会も無くなります。

 

例えばスピリチュアルの世界で悟り系のお話では、

 

「すべて完璧」

 

という言葉があります。これはこれでそういう1つの視点であり間違いではないんですが、この言葉を無理にこの世界に当てはめてしまうと、人としての成長はないですよね。

 

こういった視点はあくまで「一時的な避難場所」であり、「この記事」にも書いているようにこの二元の世界で常にいる場所ではないです。

 

少し話が逸れましたが、この世界でコンプレックスというものが存在するのにはちゃんと役割や意味があり、デメリットがある分それだけのメリットもあるという事。

 

本人次第ですがこのコンプレックスというもののおかげで、人生をより豊かにする事ができます。

 

僕自身、以前「この記事」にも書きましたが、過去に自分がやっているお店の売り上げが右肩下がりになり、そこから右肩上がりにする事が出来たのは「なんでオレはこんなにダメな人間なんだ、、」という「劣等感」のおかげなんですね。

 

あの頃はコンプレックス、劣等感の塊でしたけど、だからこそリア充の人よりも「行動」できたんだと今は思えます。そういう意味でもコンプレックスという負の感情のおかげでいい状態の今があると思います。

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “劣等感をなくす方法は必要ない?コンプレックスのおかげで人生は豊かになる”

  1. ノリさん、こんにちは✨
    今回の記事のなかで、劣等感とコンプレックスの説明がとてもわかりやすかったです。
    とくに「なんとなくこんなもの」と漠然と思っていた劣等感を「所属感の欠如」というふうにまとめてあったので、とても対象化して捉えやすくなりました。
    (劣等感もコンプレックスも)自分の経験からも、なくそうとするとよけいにこじれたりすることが多かったですね。
    私はまだ(負の部分を)飼い慣らすまではいかないと思うのですが、すべてとはいかないけど、認めてしまったほうが自分で想像するより楽になることは実感しています。
    デメリットだけでなく、メリットの部分に注目すれば、人生に役立つ情報になるんだなあと思いました(*´∀`)♪

    • 劣等感やコンプレックスと言うと一般的には「デメリット」の部分に焦点を当てがちですけど、デメリットがあるという事は同時に「メリット」の部分もあるって事なんですよね。

      自分の中の「負の部分を認める」というのは僕も人生において大事な事だと思います。(^^)

コメントを残す