非二元論(性)は危険?悟りによく出てくるノンデュアリティーについて思う事

非二元のこの世でのメリットデメリット

 

今回はスピリチュアルの中でも悟り系に出てくるお話の「非二元」についてと、その危険性(デメリット)について書いてみたいと思います。

 

まず「非二元って何?」という事なんですが、これは簡単に言えば言葉の通りに「二元の逆」という事です。

(二元性についての記事はこちらです。)

 

二元性では、

「問題があるない」

「幸せと不幸」

「生と死」

と、必ず2つの対となるものがありますけど、非二元はそれらが無い状態です。

 

  • 「問題もない」
  • 「幸せもないけど不幸もない」
  • 「悲しみもないけど喜びもない」
  • 「生まれることなく死ぬこともない」
  • 「はじまりもなく終わりもない」

 

こういう言葉を聞いてあなたはどう思います?

 

「いいな~」と思います?

 

それとも「なんかやだな~」と思います?

 

人それぞれに感じることは違いますよね。

 

よく非二元をメリットのように扱う人がいますけど、メリットがあるってことは同時にデメリットも存在するので、それってもうすでに非二元ではないんですよね。笑

 

ではここから非二元について、僕なりに思う事を書いていきます。

 

非二元の取り扱い方

まず最初に言っておくと、非二元って言葉(文字)にした時点でアウトなんですよ。笑

(´_ゝ`)え?

 

言葉(言語化)にした時点で、ただの概念になってしまうので、すべて言葉遊びのようなものになってしまいます。

 

「それってどういう事?」

「それってどういう意味?」

 

とこういう話をするといろいろな疑問が出てきますけど、非二元って捉えようのないものなので、逆に言葉で捉えられるならそれは非二元ではないという事です。

 

「わたしはいない」

「あなたも存在しない」

 

っていう言葉でよく表現されたりしますけど、普通の人がこんなの聞いたら、

「いい精神科紹介しようか?」

と心配されてしまうレベルの話ですよね。笑

 

そしてもしかしたらこの非二元に何か期待をしている人もいるかもしれないですが、ここで残念なお知らせがあります。

 

まず結論から言うと、

 

非二元はこの世界で何の役にも立たない

 

という事。(あくまでも僕個人の効果効能です。)

 

これは別に、非二元がウソだとかそういうレベルの話ではないです。

 

僕も視点によっては非二元は本当なんだと思っている一人です。

(「そもそも本当って何?」というツッコミはめんどくさいのでなしの方向で。)

 

もちろんこれも思っているだけなので、非二元が真実なのか?そうでないのか?なんて事は、どちらも証明しようのない話なんです。

 

さっきの「この世界で」と言ったのは、この今私たちが存在しているこの二元性の世界ではという意味。

 

先ほども説明したように、捉えようのないものを捉えようとしても時間の無駄なんです。

 

この世界で人間でいられる肉体時間っていうのは、誰しも有限ですからね。

 

なぜ非二元を持ち出すのか?

 

ではなぜ主にスピリチュアル(悟り系)の世界で、この非二元というものを持ち出すのか?

 

それはこの非二元というものを持ち出して、

 

「非二元に触れればあなたの目の前の問題は無くなりますよ。」

「非二元が世界に広まれば争いはなくなり、世界は救われます。」

 

というセールストークとして、使っている人たちがいるからなんです。

 

そもそもその人たちがセールストークだと自覚しているかもわからないです。

 

本気でそう思っている人もいるかもしれないですしね。

 

まあどっちでもいいんですけど、ようは僕が言いたいのは、

 

非二元は救いになんてならないという事。

 

「救い」というもの自体、思いっきり二元の中の話です。

 

よく非二元を商売にしている人がセールストークで、

「非二元性に触れればより良い人生になりますよ~」

もという事を言いますが、そもそも触れられる時点でそれは思いっきし二元の話です。笑

 

先ほどから言っているように非二元というものは、捉えようのないものなんですね。

 

「救うも救われるもない」

「触れるも触れられるもない」

 

無理やり言葉にすれば「全て」とか「ワンネス」とかになるんですけど、まあどれも言葉という概念になってしまいます。笑

 

「私たちは私(個)があると錯覚しているだけで、本来はそれ(非二元)(全て)そのものなんです。」

 

という視点もあるんですけど、この二元の世界に生きている人たちにとっては、何の役にも立たないというのが僕の意見です。

 

役に立つとすれば、気休め程度のもの。

 

そして「この記事」にも書きましたが、この世界で非二元の話を持ち込んで混同させてしまうと、自分以外の他人や世界をないがしろにしたり、軽視することになりかねず、幸せになるどころか人生にとって悪影響を及ぼしてしまいます。

 

非二元はこの世界での話ではなくあちら側の世界の話なので、ひと言で言えば「混ぜるなキケン!」という代物です。

 

この世界で「非二元を扱うな!」とまでは言いませんし、言う権限もなにもないですけど、人間が非二元を扱って商売したり人を救おうとするのは、全部漏れなく非二元ごっこだという事になります。

 

非二元はあくまでも暇つぶしとしてならおすすめしますけど、この世界でその考えに傾くと毒、害になる危険性もあると僕は思います。

 

 

関連記事→二元性とは?スピリチュアルな話にも出てくるこの世の仕組みについて

 



 

[画像出典 https://unsplash.com]

4 Responses to “非二元論(性)は危険?悟りによく出てくるノンデュアリティーについて思う事”

  1. 心から同意しますね。非二元>二元と言った時点でもう二元w。要するにキリスト教の人格神−人格=神=全体=ワンネス等々。白人プチブル層向けのネオキリスト教なんじゃないですかね?

    • シロさんコメントありがとうございます。

      まあ結局のところやっている本人が心底楽しくて、自分たち「だけ」でやっている分にはお好きなように、、と思いますね。笑

  2. 非二元論が役に立つか役に立たないか救いがあるかないかとか、考えてないです。
    例えるなら、赤ちゃんに自我が未だ無く、赤ちゃんと世界の境界が無い状態が非二元論的な世界です。

    二元論的だ、非二元論的だと考えてない状態がまさに非二元論的です。

    未だ損得や世界は~などと考えてるのはマーヤーに陥ってる人と考えてます。盲人が暗闇のなかにいるような形です。

    • たくさんコメントありがとうございます。

      人それぞれに「非二元とはこういうものだ。」という概念がありますね。

コメントを残す