徳が高い人の特徴とは?仏教にもある「徳」について考え方とその意味

 

ノリです。

今回は「徳という考え方とエネルギーの関係性」についてお話してみたいと思います。

 

この「徳」というものですが、これもある視点から見れば一つのエネルギーです。

「人のお役に立てば徳を積むことができる。」

という言葉もありますよね。

 

これは「徳」というものがあると仮定して、人や世の中に対して「どう考えて生きていくのか?」というイメージの話です。

 

この「仮定する」ということを別の言葉では、「見立て」とも言います。

 

「見立て」とは?

実はこの「見立て」という考え方は、より良い人生を生きていくためにめちゃくちゃ大事な考え方なんです。

(´_ゝ`)ふーん

 

と言ってもそんなに難しいことではなくて、意識すれば誰でもいつでも簡単にできることです。人によっては気づかないだけで日常的にやっていたりします。

 

「見立て」というのは一言でいえば「設定」です。

 

例えば、子供に「ご飯を残したらバチが当たりますよ!」と言ったりしますよね。

 

これは「ご飯を残す」=「バチが当たる」という見立て(設定)をすることによって、間接的に子供にご飯の大切さを教えています。

 

ここでは「実際にバチが当たるの?」とか、「それを証明できるの?」という事は関係なく、そう「見立てる」ことで子供にご飯の大切さを教えることに意味があるわけで「本当かどうか?」はどうでもいいんですね。

 

極論、この世のどんなことにでも言える事なんですが、ソクラテスが言うように「何もわからないことがわかった」というのがある意味答えだと僕も思っています。笑

 

大事なので何度も言いますが、この「見立て」というのは「本当かどうか?」という事はどうでもよく、それを見立てる(設定)ことで人生が今より少しでも豊かでよいものになればそれでいいという考え方です。

 

このブログでも「エネルギー」というカテゴリーがありますが、これも「エネルギーというものがあってこういうものです。」という見立ててお話をしています。

 

そしてこの「見立て」というものもメリットデメリットがあって、さっき説明したようにうまく活用できれば人生を送る上でいいものになりますが、陰と陽があるのと同じで逆のパターンもあります。

 

例えばどこかの宗教やスピリチュアルなどでよくある、

「○○神は絶対的な存在です!」

というような場合もある意味で「見立て」をしています。

 

「○○神が存在する」と見立てての話をしているんですが、こういう話はさっきも言ったように絶対を証明できないんですね。

 

そしてこの手の話はあまり盲信的になってしまうと、「○○神の言うこと(考え方)は絶対なんだ!」ある意味で洗脳状態になる危険性もあるのである程度注意も必要だと思います。

 

では見立ての話はこれぐらいにして、本題の「徳」についてお話したいと思います。

(´_ゝ`)前フリなが!

 



「徳が高い人」という概念について

 

「あの人は徳が高い人だわ。」

 

この「徳」というのは先ほども説明したように、エネルギーを「徳」と見立てたものです。

 

もっとわかりやすく言えば、

「徳の高い人」=「ステージの高い人」

とも言えます。

 

人には大まかに「4つのステージ」がありますが、それについては以前この記事で説明しているのでまだ読んでない方はこちらを一読してください。

人生のステージ(魂レベル)にある4つの段階と高い人低い人の特徴
ノリです。 前回の「エネルギーが低くなる話」でもお話したように、今回はこの世における「ステージ(魂レベル)」の話をしたいと思います。 ここでは「ステージ
2018-09-18 19:00

 

徳という考え方は一つのエネルギーの「クラウド貯金」のようなものです。

 

例えば日常生活で少し人に対して親切な事をして少し感謝されたとします。

 

この時、「少し感謝された」というエネルギーは、人の目に見えない別次元のエネルギー貯金箱のような場所にたまります。

 

するとどうなるかと言うと、このエネルギーはあらゆるものに影響するのでお金、人間関係、運、健康面、恋愛関係、夫婦関係、親子関係、仕事関係、、etcどこに影響するかは「天のみぞ知る状態」なんですが、いずれにせよどこかの部分にさっきのような「いいエネルギー」ならいい影響をし、逆に人に嫌がられたりという「悪いエネルギー」なら悪い影響を及ぼします。

 

エネルギー貯金箱のある「あちら側(別次元)」は、こちら側でいう「いい、悪い」の判断基準がないので、(笑)ある意味平等にエネルギーを影響を及ぼします。

 

あと、あちら側には「時間」という概念がないので、「いつ影響するのか?」という部分も天のみぞ知る状態です。笑

 

「徳の高い人はどんな人?」というと、先ほどの別記事の「人生のステージ」でいえば、ステージ1~2のような、

 

「自分が楽しければそれでいい。」

 

幸せの基準が「自分」の段階ではなく、ステージ3~4の、

 

「他人に喜んでもらえる事が自分の幸せ。」

 

というようなステージの人は「徳が高い人」と言える思います。

 

この「徳」という見立ても「正しい、間違ってる」という視野の狭い考え方ではなく、あくまでそういう設定があって、それで人生が楽しく豊かになるなら採用したい人はすればいいし、したくない人は無理にしなければいいものだと僕は思います。

 

そしてこれは別に「徳」じゃなくても、自分の好きな文字でも全然アリだと個人的に思います。(「愛」と「天」とかでも笑)

 

なぜならあなたから見える世界は言わば「あなたの宇宙」なので、あなたがそう見立てるなら「そうである」ということになります。

 

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 

[画像出典 https://unsplash.com]

 

One Response to “徳が高い人の特徴とは?仏教にもある「徳」について考え方とその意味”

  1. ノリさん、こんばんは✨

    ノリさん、記事に書いてくださってありがとうございます。
    ノリさんのブログでエネルギーなどについていろいろ読んでいくうち、「徳」という考え方に興味を持ちました。

    徳のいいなと思うところは、比較的わかりやすい、明快なところだと思いました。なんか人生が思ったようにうまくいかない…どうにかしたいけどどうしたらいいかわからない…というとき、誰にでもわかりやすく、実践しやすいように具体的になっていて、迷っている人には入り口として入りやすい感じがしました。
    いろんな考え方も、ノリさんの記事にあるとおり人生が豊かになるために役立てばと思います(*´∀`)

    いろいろ書きましたが、肝心の徳の「クラウド貯金」…
    いまのところあんまりたまっていない感じはします(笑)(;つД`)

コメントを残す