引き寄せの法則を成功させるシンプルな仕組みをブログで説明します

引き寄せの法則の本質とは?

 

ノリです。

今回はスピリチュアルや自己啓発の話によく出てくる「引き寄せの法則」について書いてみたいと思います。

 

この話で有名な本と言えばエイブラハム引き寄せの法則、思考は現実化する、マーフィーの法則などがありますね。

 

これも視点によってあるともないとも言えますが、毎度のことながらこの世的に生産性がある「ある方」の視点からお話します。

 

引き寄せの法則とは簡単に言うと、自分の望む未来を引き寄せるという事なんですが、この話をする前にまず前回もしたように「エネルギー」の説明が必要になってきます。

 

エネルギーという視点のお話

 

この「波動」「エネルギー」という言葉もあるように、ある視点から言えば、この世のすべてのものはエネルギーで出来ています。

 

「私は目に見えるものしか信じない!」

 

という人もいると思いますが、人間の目で見える世界(範囲)なんてたかが知れていますよね。

 

エネルギーにはそれぞれ振動数や周波数があって、それによっていろいろなものや状態が作られています。

 

人もそれぞれにエネルギーの周波数があって、これによってスピリチュアルで言うところの波動が高い人低い人という状態が作られます。

 

諸行無常という言葉もあるように、この人の周波数も常に同じではなくて、過去のあなたと今のあなたでは大なり小なり周波数は変化しています。

 

このエネルギーの周波数はよくある例え話だと、ラジオ局の周波数のようなイメージで、例えば人間関係で言うと、「昔は気が合ってたのに、この前会ったらなんだか雰囲気が違って話にくかった」というように周波数が合う合わないという事が起きます。

 

これは別にどちらが悪いという事ではなくて、単純に周波数が合わないだけの話なので、そういう場合は相手を変えようとするのではなく、距離を置くなり少し離れたほうがお互いのためにはいいですね。

 

逆になんとなく接しやすいとか、一緒にいると楽しいなどのフィーリングが合う場合は周波数(波動)が合うという状態で、こういう事を少し難しい言葉で波動共鳴といいます。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉もあるように、人の悪口が好きな人にはそういう人が集まりやすいし、楽しい事が好きな人にはそういう人が集まりやすいというエネルギー(周波数)の特徴があります。

 

そしてこれも先ほど言ったように「常に」ではないので、時間の経過と共に変化したりします。

 

思考も一つのエネルギー

 

思考というものも一つのエネルギーで、思考にも周波数があります。

 

あなたが何かを考えると、そのエネルギー(周波数)が発信されます。

 

するとそれに関連するものや情報が集まりやすくなります。

 

「世界はあなたが見たいものを見ている」

 

という言葉もあるように、あなたが興味、意識しているものの情報がより目につくようになります。

 

こういう状態をフィルターが変わると言って、もともと見えてる景色は同じなのに、人によって見ているものが違うという状態です。

 

例えば犬が好きな人は、そうでない人より町中で犬を認識する回数が多くなります。

 

こういうのをカクテルパーティー現象と言って、人のたくさんいるパーティー会場の中で、人は自分に関心のある言葉だけを無意識で聞き取ろうとするという話です。

 

引き寄せ法則では「なりたい自分を引き寄せる」という事なんですが、

「なりたい自分」→「既になっている自分」

という目的地があるとして、まず「なっている自分」を思考し、周波数を目的地に設定します。

 

そうするとフィルターが変わり、なっている自分になるために必要な情報が入ってくるようになります。

 

そしてここで一番重要な事は、そこから行動できるかできないかです。

 

この「なっている自分をより強くイメージする」という事をアフォメーションと言いますが、それについてはまた後でお話します。

 

引き寄せの法則でのよくある誤解

 

よく引き寄せる法則でのよくある誤解は、「宇宙になりたい自分をオーダーして本当に叶ったと思って毎日ワクワクしているのに、全然引き寄せできない!」というものです。

 

ではここから順にツッコミを入れていきます。笑

 

まず引き寄せの話でよくある「宇宙にオーダーして後はお任せ」という部分。

 

これは「思考は現実化する」で言うと、

「思考する」→「勝手に叶う」

というイメージになりますよね。

 

でも正確には、

「思考する」→「行動する」→「叶う」

なんです。

 

当たり前の事ですが、オーダーしただけで願望が叶うほどこの世界は甘くないです。

 

引き寄せの法則で一番大事なのはこの行動です。

 

例えばあなたが行きたい場所があって、車でその目的地に向かうとします。

 

思考は車で言えばハンドルです。

 

そして行動が「アクセルを踏む」というイメージになります。

 

宇宙にオーダーするというだけでは、ハンドルを握っているだけの状態です。

 

これではいくら時間が経っても、目的地に着くわけないですよね。笑

 

オーダーする宇宙は「その宇宙」じゃない?

 

よく「宇宙にオーダーする」という言葉が使われたりしますが、この宇宙も視点によって変わります。

 

あなたは宇宙と聞くと、「どこ」の宇宙を想像しますか?

 

宇宙飛行士がロケットに乗って行くあの宇宙ですか?

 

普通は地球があって宇宙空間が広がっているあの宇宙を想像しますけど、引き寄せなどの潜在意識の話に出てくる宇宙はその宇宙ではないんです。笑

 

先ほども言ったように視点によって変わりますが、ある視点から言えばあなたが宇宙そのものなんです。

「は?何言ってんの?」

と思われるかもしれないですけど続けます。笑

 

宇宙はあなたが創造しているし、逆にあなたがいなければ宇宙は存在できないんです。

 

「え?私がいなくても宇宙なんてあるでしょ?」

と思うかもしれないですけど、宇宙は一つだけではなくて、それぞれに存在しています。

 

少し難しい言葉ですけど多次元宇宙という言葉もあるように、存在それぞれに宇宙があって、その一つの存在からでも次元によって違う宇宙が同時に存在します。

 

虫でも魚でも動物でも人間でも霊体でも神様でも存在という観測者がいないと、宇宙もそうですがあらゆるものは無と同じなんです。

 

例えばあなたの家の近くに、パン屋さんがあったとします。

 

そのパン屋さんは確かに存在しているんですが、仮にあなたが生まれて死ぬまでそのパン屋さんの存在を一度も知らなくて、認識していなかったします。

 

パン屋さんは他の認識している人の世界では確かに存在するんですが、この場合あなたから見える世界では一度も認識されていないので、あなたの(観測者から見た)世界ではそのパン屋さんは無いと同じなんです。

 

この辺りは少しややこしいお話になりますが、

  • 存在=二元性
  • 存在がない(ワンネス)=非二元

というカンジで、より詳しく知りたい人はこちらの記事に書いています。

【ワンネスとは?】スピリチュアルの中でも悟り系によく出てくるお話

非二元論(性)は危険?悟りによく出てくるノンデュアリティーについて思う事

 

「存在がない」というのは肉体が亡くなるという事ではなくて、例えばあの世というものがあるとして、この世から肉体が亡くなりあの世に行って霊体になったとしても霊体として存在しているので、そこはまだ二元性の世界という事になります。

 

話を宇宙に戻すと、ある視点では観測者であるあなたがあなたから見える世界の宇宙を創造しているので、

あなた=宇宙

というイメージです。

 

「宇宙にオーダーする」というのは、外側の宇宙ではなくてあなたの中(内側)に宇宙が存在しているということになります。

 

「あなたの中」というのは肉体の内臓とかではなくて、笑 あなたの思考(意識)という意味です。

(´_ゝ`)内臓はホルモンが好きだけど、、

 

「いい事も悪い事も宇宙にオーダーしたものが現実化する」

 

という言葉がよくこの手のお話で出てきますが、僕はちょっと違うなと思っていてこれに関しては後半にお話します。

 



有名人と引き寄せの法則の話

 

この引き寄せの話になるとよく、有名人が引き合いに出されますね。

 

野球選手のイチローやサッカー選手の本田圭佑、男子フィギュアスケート選手の羽生結弦などなど。

 

よく引き寄せの本を出版したりセミナーをやっているような人が、「彼らは子供の頃から宇宙にオーダーしていたので、今の現実を引き寄せたんです。キリっ」と言ったりしていて、たしかにその部分だけ切り取るとそうなんですが、彼らに共通している事は普通の人の想像を絶する、行動の量をこなしているという事です。

 

その目標に行くために人の倍以上、めちゃくちゃ行動してると思うんですよね。

 

宇宙にオーダーしただけでは、目的地を引き寄せる事はできないです。

 

自己啓発やスピリチュアルでは、「宇宙にお任せしておけば叶う!」などいわゆるフワフワした言葉を使う事がありますが、あれは「楽していい思いをしたい」という消費者の反応を良くさせるための、リップサービスのようなものです。

 

実際に先ほどの有名人たちは、おそらく引き寄せの法則という事自体まったく意識していないと思います。

 

ただ愚直に目的地に向かって行動し続けている。

 

あとよくある「ワクワクする事が大事」というのは、いわゆるいい気分でいたほうが悪い気分の時より、エネルギーの周波数的にも良くなるからです。

 

「なるべくネガティブな感情を避けて、ポジティブな感情になりましょう。」

というものです。

 

確かにこれもネガティブ過ぎるよりポジティブのほうがいいんですが、実はここに落とし穴があります。

 

あまりに考え方がこのポジティブに偏ってしまうと、「ポジティブになれない自分」を責めてしまい、結果的にいい気分になりたいはずなのにいつも自分の感情を監視するような、なんだか居心地の悪い気分になってしまう事があります。

 

結論から言うと、人間って「常にポジティブでいる事」なんて無理なんですね。

 

というか逆にそんな人いたら、気持ち悪くないですか?笑

 

自然界の海の波に満ち引きがあるように、この世界は二元性なので人間の感情もポジティブとネガティブが同時に存在しています。

 

ネガティブがイコール悪いという事ではなくて、「あ~今私なんかネガティブだな」と少し俯瞰した位置から、ネガティブな自分も認めてあげるという事です。

 

そしてこの「認める」とは、受け入れるという事。

 

ネガティブという感情は拒絶すればするほど、逆に増幅するという性質を持っています。

 

自分の中のネガティブを拒絶するのではなく、それも自分の一部だと受け入れてあげるとネガティブは悪いものではなく、良いものになります。

 

アフォメーションについての話

 

先ほども少し説明しましたが、「宇宙にオーダーする」というのは別の表現ではアフォメーションと言います。

 

このアフォメーションとは、「既になっている自分を強くイメージする」という事。

 

「お金持ちになりたい!」ではなく、「お金持ちになっている自分を明確にイメージする」というカンジです。

 

これもイメージしただけではダメで、思考が変わって次に行動が変わらないと現実は変わりません。

 

人間はどうしても楽な方を選ぶ生き物なので、「行動して下さい!」って聞くとなんかダルく感じますよね。笑

 

でも現実的に「既に私はお金持ちになってる!」と強くイメージしたところで、お菓子食べてごろごろしながらテレビ見てるだけで、人よりお金持ちになれるわけないですよね。

 

「なりたい自分」という目的地を設定するためにアフォメーションは大事だとは思いますが、それ以上に大事なのは具体的な行動継続する力だと思います。

 

恋愛関係の引き寄せの法則

 

次に引き寄せの法則を、恋愛という視点から書いてみます。

 

例えばあなたが、「外見も性格も経済的にもすごく素敵な異性と既に付き合っている!ありがとう感謝してます!」とアフォメーションしているとします。

 

どんな願望を宇宙にオーダーしようと、それ自体は自由ですよね。

 

前半部分に説明した、波動共鳴という言葉を覚えていますか?

 

エネルギーの周波数(波動)は、より近い周波数に集まりやすいという話です。

 

あなたがより理想の高い相手を引き寄せようとする場合、同様にあなた自身も異性から見て理想の高い人(近い波動)になる必要があります。

 

エネルギーの話で言うところの、周波数を合わせる必要があります。

 

宇宙にオーダーしただけで具体的に何もせずに、今まで同じ生活をしているだけで、目の前にその理想のお相手が現れる事はまずないでしょう。

 

そのオーダーに見合った行動をしないと、理想のお相手を引き寄せられる可能性は限りなくゼロに近いと思います。(例外もありますが。)

 

お金と引き寄せの法則

 

「私は既に100億円持っている!」

 

とアフォメーションだけしていれば、その現実を引き寄せれるんでしょうか?

 

ここまでの流れを読んでもらえたら、僕が何を言いたいのか既に分かりますよね。笑

 

恋愛、お金、人間関係などどんな事にも共通している事ですが、「具体的な何か」を行動しない事には目の前の現実は何も変わりません。

 

引き寄せの本を読んで、毎日アフォメーションしてノートを書いてビジョンボードを眺めてワクワクしてるだけでは、パズルのピースが足りないんです。

 

そしてそのピースが何度も言いますが「行動」です。

 

「どう行動したらいいのかわからない!」

という人もいるかもしれないですが、少し厳しい言い方をするとそれは単なる「甘え」です。

 

以前、このブログでも書いたように僕も過去に「現状をなんとかしたい!」という時期があって、とにかく何も分からないなりに自分でいろいろ調べました。

 

今の時代、その気になればインターネットでほぼどんな事でも自分で調べれます。

 

そしてそれこそが第一歩目の行動です。

 

引き寄せの法則は万能(絶対)なのか?

 

ここまで書いておいてなんですが。。笑

 

僕は引き寄せの法則は、「万有引力の法則」などの法則に比べると「法則まではいかない」と思っています。

 

あくまで、引き寄せの可能性という感じです。

 

先ほども話した有名人の部分で、「金メダルを取る(取った)!」という目標を掲げて行動している人はこの世にゴマンといます。

 

その中で目標に到達する人はごく僅か。

 

そういう人たちすべてに、「あなたの引き寄せのやり方は間違っている!」と言うのは酷な話だし、正直話に無理があるなと僕は思います。

 

この世のすべての事象にこの引き寄せの法則は万能に働くのか?という質問があれば僕の答えは「NO」だと思います。

 

例えば、「あなたがネガティブな思考をすればそういう現実になります。」という少し脅しのような言葉もありますが、逆に思考した事が全て完璧に現実化したら恐ろしくないですか?笑

 

この世界ではニュースで流れてくるような、本人にはどうしようもない理不尽な事故などがありますよね。

 

その事故は本当に、その人が全て引き寄せたんでしょうか?

 

仮にそうだとして、その事故の当事者に、「この悲惨な状況もすべてあなたのせい(引き寄せたん)ですよ!キリっ」と面と向かって言えるんでしょうか。

 

言えたら言えたで正しさ云々より人としてどうなの?というレベルだと思います。

 

この世のいろいろな事象にこの引き寄せの法則当てはめて考えてみると、どうしても無理が出てきます。

 

というのもこの世というのは、「1+1=2」というような単純な世界ではないからです。

 

この世の完璧な攻略本は存在しません。

 

「あなたはそういう思考だから、そういう世界になっているのです。」

と言われれば、まあその通りだと思います。笑

 

このブログは自己紹介の記事にも書きましたが、僕がただ「そう思っているだけ」のブログですから。

(「あなたは本当の引き寄せの意味を何もわかってない!」という方もたまにいますが、僕のブログではけっこうなので、どうぞご自分でブログでも開設してそこで好きなだけ語ってください。)

 

もちろんこれは引き寄せの法則が嘘とか間違っているという事ではなくて、目標を設定し(アフォメーション)気分をよくして行動し続ければ、可能性は上がっていくと思います。

 

ただ絶対ではないと思います。

 

この世は二元性の世界なので、必ず引き寄せ「できる人」「できない人」に分かれます。

 

この場合のできる人は別にいいんですが、「できない人」のスペースも必要だと思います。

 

まとめ

 

また別の視点から見れば、「引き寄せができる、できない」という事が重要ではなく、目標に向かって行動した体験にこそ、本当の意味での価値があるのだと僕は思います。

 

人間は死ぬ時、この世の思い出しか残りません。

(別視点ではその人が残した「何かしらのもの」は残るとも言えますが。)

 

もちろんこの世的には引き寄せ出来たほうがいいんですが、ドラマでもそうですがリア充な時よりダメな時のほうが、物語的にも面白いし印象に残りますよね。

 

引き寄せの法則もこの世の要素の一つですが、「自分の人生をどう生きたのか?」という事が最終的に問われる部分だと思います。

 

引き寄せの法則(可能性)も「できる、できない」の二元論だけに縛られるのではなく、自分の人生の中での「一つの彩り」として採用してみるのも、面白いのかなと僕は思います。

 

 

今回の引き寄せの法則にとても相性がいいお話はこちら。

人生を変えるかもしれない?僕が体験したバタフライエフェクトとは

「潜在意識って何?」についてはこちら。

潜在意識と顕在意識の違いとは?引き寄せにもある意識の書き換え方

 



 

[画像出典 https://unsplash.com]

4 Responses to “引き寄せの法則を成功させるシンプルな仕組みをブログで説明します”

  1. 私も、何やかんや引き寄せようと、日々右往左往しておりましたが…
    『自分の人生をどう生きたのか』って言葉…刺さりました!

    何だか、、今まで自分に引き寄せたい!と思っていたのは、
    他人のサル真似で、
    自分がどう生きたいのか⁉️
    という想いが欠落していたと、このブログを読んで気付かされました!ありがとうございますm(_ _)m

    • まりぢょいさんコメントありがとうございます。

      引き寄せの法則も絶対的な「定義」みたいなものがないので、ある意味ではみんな自己満足なんだと思います。

      こちらこそブログを読んでいただいてありがとうございます。

  2. はじめまして。読ませていただきました。

    大変失礼ですが、貴方がここでおっしゃっていることは「引き寄せの法則」ではなく、普通の「自己啓発」ですね。

    貴方が随所で強調されている意識的な行動や努力は引き寄せとは何の関係もありません。

    書かれている内容をまとめれば「自分の頭で思いつく行動やネットを調べたり意識的な努力をしてあとは運に任せろ」ということになります。

    残念ながらそれは行動を促しているだけで「引き寄せ」ではありません。

    後半では貴方はご自身で「引き寄せの法則を信じ切れていない」ことを名言されています。

    今まで本当に「引き寄せの法則」で何かを引き寄せた経験がないのだと思います。

    本当の「引き寄せ」は行動も勝手に引き寄せられます。

    経験されていないなら分かり辛いかもしれませんが、これは「真理」です。

    貴方がおっしゃる「引き寄せができない人」は今までの自分の経験則が邪魔をして引き寄せ自体を「信じられない」人のことです。

    まず、正しい「引き寄せの法則」というものを無意識に信じられるように反復することでしょうね。

    そうしなければ絶対に引き寄せなど起こりません。

    断言してもいいです。

    • Tanidaさんコメントありがとうございます。

      引き寄せの法則の「真理」を教えていただきありがとうございます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)