人生の幸せにも影響するエネルギー(波動)が低くなる意外な原因とは?

 

ノリです。

前回は「エネルギー(波動)を高める方法」について説明しました。

「え?そんなの知らんけど?」という人はこちら。↓

エネルギー(波動)を高める方法の鍵は日常の食事、睡眠、お風呂にある
ノリです。 今回から新しく「エネルギー」というカテゴリーを作りました。 以前に「波動」の記事で説明したように、この世界はある視点から見れば全て「エネルギ
2018-09-07 19:00

 

そして今回はその逆の「エネルギーが低くなる意外な原因」について書いてみたいと思います。

 

まずエネルギーを「高める」説明はわかるけど、なんでわざわざ「低くなる」説明をするかと言えば理由はとても単純で、それがエネルギー的な視点で「めちゃくちゃ重要だから」なんです。

 

ペットボトルにせっつかく水(エネルギー)をどんどん入れても、ペットボトル自体にたくさんの穴(原因)が空いていたら水はどばどば出ていってしまいますよね。

(´_ゝ`)どばどばウォーター笑

 

また別の例えなら「RPGゲーム」をやった事ある人ならわかると思いますが、前回説明したような「エネルギーを高める」というのはRPGゲーム的に言えば「攻撃力を高める」と同じイメージです。

 

ということは「エネルギーが低くなる」というのは、RPGゲーム的に言えば「守備力が低くなる」というイメージ。

 

「別に守備力なんてなくても攻撃力が高けりゃいいじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、RPGゲームをやった事のある人なら知っているように、確かに「ザコ敵」相手なら攻撃力だけ高ければ一撃で倒せるので問題はないんですけど、相手が「ボスクラス」の敵なると勝つには攻撃力よりはむしろ回復や守備力といった要素が重要になってきます。

 

このゲームでの「敵」がこの世でいうとこの「人生の試練」のようなイメージになります。なのでこの世をいろいろな意味でより楽しみたいなら、この「攻撃力」や「守備力」は高ければ高いに越したことはないです。

 

「エネルギーが低くなるとどうなるの?」というのは一言でいえば「物事がうまくいかないくなる」という事です。

 

「物事」というのは、仕事、お金、恋愛、夫婦関係、人間関係とこの世のあらゆる事に影響します。そして前回説明したような「エネルギーを高める方法」というのは、みんな「なんとなく知っている」とか「エネルギーの事は知らないけどもう前から実践していた」という人も多いかもしれませんね。

 

ただ、今回お話する「エネルギーが低くなる原因」というものは、僕も今まで色々な自己啓発やスピリチュアルの本やブログを見てきましたけど、しっかり説明しているものはあまり無かったんです。(僕がただ知らないだけかもしれませんが笑)

 

そして世間一般の人を見ても、「ほとんどの人はエネルギーがダダ漏れている」と感じます。というわけで今回は「実はこういう時にエネルギーがダダ漏れている(低くなる)」という部分を説明していきたいと思います。



エネルギーがダダ漏れになる原因は感情にある

エネルギーが漏れる(低くなる)原因はいろいろありますが、特に重要なのは「感情」です。

 

よく自己啓発やスピリチュアルでは「ネガティブはダメ!とにかくポジティブでいてください!」というお話がありますが、これは半分正解で半分間違いです。

 

確かにエネルギー的にはネガティブよりはポジティブの方がいいです。ただネガティブというのもそれが「起きる」ということはそこに何らかの「意味」があって、それを気付かせてくれるためであったりという視点で見ると「ありがたいもの」という「感謝」に変換する事もできます。

 

そしてポジティブの方ですが、これは一見エネルギー的には「よさげ」に見えますが、実はここに大きな落とし穴があります。

 

それが「ワクワク」と「満足」という感情でこれらはエネルギーが低くなって(ダダ漏れて)ます。

(´_ゝ`)え?

 

もう少し正確に言えば、そのエネルギー(ワクワク、満足)が「どこに向いているのか?」という事なんです。

 

よく「引き寄せの法則」なんかでは「とにかくワクワクしましょう!」という話がありますが、そのワクワクが「どこに向かっているか」でエネルギーにものすごい差ができます。

 

例えば、

「よ~し!自分がお金持ちになるためにワクワクするぞ~!」

「周りの人をより豊かにしたいからワクワクしてお金持ちになるぞ!」

 

正確には「なった!」と言い切るカタチがいいんですが、まあ今回言いたいのはそこではないので置いときますね。笑

 

この2つはどちらも「お金」をテーマにしたワクワクなんですが、同じように見えて全然違うんです。

どう違うかわかりますか?

 

それは想いが「自分ベース」か「自分以外の人ベース」かのワクワクの違いです。

 

  • 「自分のため」=エネルギーが漏れる
  • 「自分以外の人のため(感謝)」=エネルギーが循環する

 

というエネルギーの仕組みです。

 

「自分のため」にワクワクしてもエネルギーはたしかに一時的には上がりますが、どんどん漏れている状態なので結局は物事がうまくいきません。

 

逆に「あの人を豊かにしよう!」「○○のおかげだな~。」という感謝ベースのワクワクはエネルギーが出てブーメランのように戻ってくるので、エネルギーが漏れずにどんどん溜まっていきます。

 

こういう事を書くと「でもそれって自己犠牲的な考え方なんじゃないの~?」と言われそうですが実はそうではないんです。

 

これは出したエネルギーがもっと増えて還ってくるので、「自分だけ」の時よりも幸福度はむしろ上がります。「幸福度」という言葉が出てきたのでついでに説明すると、「幸せ」=「満足」と勘違いしている人がこの世にはたくさんいます。

 

もちろん「幸せ」というものの定義は人それぞれなので、「絶対」とまでは言いませんが、この世に「魂的なステージ」があるという視点で見たときに、この「満足」=「幸せ」という段階は一番下のステージのものになります。

 

この「ステージ」に関しては話がまた長くなること必至なので笑、次回にしっかりと説明したいと思います。

 

この「満足」というのも一見よさそうに思いますが、実はエネルギーが低くなって(漏れて)います。

 

例えば、

「あ~ランチ美味しかった~!自分にご褒美~満足~!」

「やった~!新しいブランドバック買った~!満足~!」

「俺の新しい車最高~!俺頑張った~!フゥ~!」

 

これ実は全てエネルギー漏れてるんですが、何でかわかります?

 

さっきも説明したように全て「自分ベースの満足」だからです。

 

じゃあ全く同じ条件なのにエネルギーが洩れずに循環するのはどういう感情なのか?

 

「こんな美味しいランチを作ってくれたシェフやこのお店に感謝だわ。」

「このブランドバックを買えたのも会社のおかげね。」

「新車を買って乗れるのもいろんな人のおかげだな。」

 

というように、これらは全て「感謝ベース」の想いです。同じ満足でも前者はテンション系の瞬発的なものに対して、後者はゆっくりジワッとにじみ出るような感情です。

 

「怒り」とエネルギーの話

「感情」というとスピリチュアルや自己啓発では「怒ってはいけない」という話が多いんですが、確かに怒っている時はエネルギーがダダ漏れています。でも僕がいつも言うようにこの世に「完璧」は存在しないんです。というか完璧だったらそもそも存在してません。笑

 

なので「怒り」という感情にもちゃんと意味があるし、完璧に「無くす」という事はできないです。

 

大事なのはその「後処理」です。怒った後にいつまでもその事をムダに思い続けてエネルギーをダダ漏れ状態にするのか?怒った後にすぐに切り替えて「あ~これ以上エネルギーが漏れたらもったいないわ~やめやめ。笑」と漏れを止めるのか?

 

さらに上級者的には「あ~こういう事で私って怒るんだ。それに気付かせてくれてありがたいな。」とマイナスからプラスにもっていくのかはその人のステージにもよりますけど、結局は「自己責任」なんです。

 

例えば昔あった事をいつまでも家宝のように大事にして怒っている人がいますけど、笑 あれはエネルギー的にどういう状態かと言うと「エネルギージャジャ漏れ大好きドMプレイ」です。

 

こういう人の場合、本人はエネルギーが漏れまくっている自覚はなく、常にエネルギーが「枯渇状態」なのでいろいろなものや人で補充しようとするんですが、お気づきのようにこの状態だといくらエネルギーを入れても常にジャジャ漏れ状態なのでいつまでも「満たされる事」はないんですね。

 

これはある視点からいえば「本人がやりたくてやっている状態」なので、そのまま一生を終えるかもしれないし、人生のどこかの段階で「なんとかしたい!」という願望が出てきて何かのきっかけで「気付く」かもしれません。いずれにせよ先ほど言ったようにそれも自己責任です。

 

「自慢」とエネルギーの話

他にエネルギーが漏れる行為として代表的なものは「自慢話」「不幸自慢」「愚痴」「期待」などがあります。

 

例えば「自慢話」の場合、話をしている本人は「自分の事」をひたすら話すので気持ちがいいです。実はこの時、エネルギーは漏れているんですがこのエネルギーが漏れる時って「気持ちいい」んです。

 

本人は「気持ちいい」から「満足」するんですが、さっきも説明したように「自分ベースの満足」はエネルギーが漏れて(低くなり)ます。

 

そしてそれを聞かされている方も「早く話終わらないかな~」「なんかウザイな~」とエネルギーが漏れます。この状態が俗に言うとの「エネルギーバンパイア」というやつです。

 

この状態ちょっと俯瞰して見てもらえばわかるように、エネルギー的に見て「誰も得していない状態」なんです。笑

(´_ゝ`)たしかにw

 

ステージの高い人ならこのエネルギーバンパイアすら「この人はエネルギーバンパイアの役を自ら演じて気付かせてくれてありがたいな~」と感謝ベースのエネルギーに循環できますが、まだその段階ではない人はとりあえずはエネルギーバンパイアとは離れた方が無難だと思います。このエネルギーバンパイアについては長くなりそうなのでまた別の機会に詳しく書きたいと思います。

 

そして「不幸自慢」や「愚痴」も基本的には同じイメージです。他にも精神世界で言われているような「不安」「悲しみ」、先ほど説明した「怒り」も同様にエネルギーが漏れている状態です。(もちろんそれが「悪い」というわけではなく、「学び」という視点から見ればそういう時期は誰しもあるし、ただそういう「エネルギーの仕組み」という話です。)

 

あと「期待」についてはそれだけで記事が書けるぐらい長くなりそうなので、また別の機会に書きたいと思います。

 

今回の話のポイントは一見よさそうに思える、「ワクワク」「満足」などの感情も実はエネルギーが漏れていて、そのエネルギー漏れを止めて「循環」の方向にもっていくには「自分ベース」→「感謝ベース」に感情(マインド)を変えるという事。

 

「そんなこと言ってもそんな事できないよ!」という人ももちろんいると思います。それも当然の事で人によってこういう話は、

 

「そんなの知ってるしやってるよ。」

「へ~そうなんだ。よし試しにちょっとやってみよう!」

「そんな話信じられないし受け入れられない。」

 

と、人にはそれぞれ今いる「ステージ(魂レベル)」があるので、「受け入れる人」と「受け入れない人」に分かれるんですね。だからある視点ではどっちが「正しい、間違ってる」というものはないです。

 

ただ、「限りある人生をより楽しむ」という視点で見るなら、「ステージが上がる」と「人生を楽しむ」は比例します。(ここでの「楽しむ」はいろいろな意味が含まれますが。笑)

 

というわけで、こういう流れなので次回は今回のお話にも出た「ステージ(魂レベル)」について説明していきたいと思うので、次回の更新をお楽しみに!(「期待」はしないでくださいね。笑)

人生のステージ(魂レベル)にある4つの段階と高い人低い人の特徴
ノリです。 前回の「エネルギーが低くなる話」でもお話したように、今回はこの世における「ステージ(魂レベル)」の話をしたいと思います。 ここでは「ステージ
2018-09-18 19:00

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “人生の幸せにも影響するエネルギー(波動)が低くなる意外な原因とは?”

  1. ノリさん、こんにちは✨

    今回の記事のなかで、「ワクワク」と「満足」を感じているときも、実は「ダダ漏れの状態になっているときがある」というところがとくに興味深かったです。
    考えてみると、「ワクワク」「満足」といっても、たしかに自分の快楽・享楽の追及のような状態になっているときがあって、そんなときは楽しくて夢中になりがちな反面、なんか違和感も感じます(・・?

    よくスピリチュアルで「ワクワクしてください」みたいなアドバイスがあって、そのとおりにしているのになんかへんだな…というときは、この記事にあるようなことを考えてみるといいですね。
    次回の「ステージ(魂レベル)」についての説明も(期待しないで…)楽しみにしています(*´∀`)♪

    • 引き寄せの法則の本やブログなんかはよくこの「ワクワクしよう!」とありますけど、1番大事なのは「想いの先」なんですよね。

      「自分のためだけに」というのはある程度エネルギーが出るんですけど、循環しないマインドなので続かないしパワーが弱いんです。

      現在作成中ですので期待しないで待っててください。笑(*^-^*)
      いつもコメントありがとうございます。

コメントを残す