【思考のお話】この世は不公平だけどそんな事言ってても人生の時間が無駄

この世は不公平

 

この世は不公平にできている。

 

それが「いい悪い」という話ではない。

 

「ただそうである」というだけの話。

 

この世は思い通りにならない。

 

「この世は苦」

 

たとえば昨日、今日、明日の天気を自分の力でどうこうできない。

 

生まれてくる時代、国、親、環境、肉体は自分ではどうこうできない。

 

この世はある意味で不公平にできている。

 

時には人の容姿や環境、仕事や家庭を羨む事は誰しもある。

 

「あんな容姿に生まれたかった~!」

「あんな家庭環境に生まれたかった~!」

「あいつみたいに仕事ができたらな~!」

「あんな金持ちに生まれたかった~!」

 

この状況は、たとえばカードゲームをやろうとしている時に最初に配られたカードに対して、

「なんでこのカードなんだよー!バカやろー!」

と文句を言ってるのと同じ。

 

明日の天気予報が雨100%で、

「なんで明日雨なんだよー!晴れろよバカやろー!」

と文句を言ってるのと同じ。

 

結局、いくら文句を言ったところで人生は何も変わらない。

 

時間の無駄。

思考は平等

そして、この「人生は何も変わらない」は変える事ができる。

 

それは「思考」

 

なりたいものや何かしらの目標があったとして、ただ文句を垂れ流すのではなく、

 

「不公平の中でも変えられる部分はどこ?」

「今の自分に何ができる?」

 

をまず考える。

 

この世は不公平だけど、人間みんなが平等に使う事ができるもの、

 

それが思考。

 

それはある意味でドラえもんの四次元ポケット。

 

使うのも使わないのもどう使うかも自由。

 

この思考についてはまた次回。

 

この世は不公平。

 

文句を垂れ流し続けても一生は終わる。

 

ダメ元で何かに挑戦をしても一生。

 

この世での肉体という旅行時間は長いようで短い。

 

「この世は不公平」というゲーム設定をどう楽しむのか?

 

そこには正解はなくて、みんな自由という名の自己責任。

 

「その次回」→思考(マインド)って人生を生きる上で実はけっこー大事な理由

YouTube版

[画像出典 Unsplash]




コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ