人生における運命と宿命の違いと悟りの話に出てくる運命論について

 

ノリです。

今回はスピリチュアルの中でも悟り系のお話に出てくる「運命論」について書きたいと思います。

 

その前に「運命」というと関連して「宿命」という言葉がよく出てきますよね。なのでまずこの運命と宿命の違いについて書いてみたいと思います。

 

運命と宿命の違いについて

まず「宿命」ですが、これは簡単に言えば「生まれてきた国や家の環境」、「時代」、「性別」、「親兄弟」など自分ではどうしようもない部分になります。

 

カードゲームで言えば、ゲーム開始時に配られて持っている「手持ちカード」のようなものです。これって自分の力ではどうしようもないですよね。笑

(´_ゝ`)まあそうね

 

そしてよくこの宿命の話では「あなたは前世のカルマが関係していてなんちゃらかんちゃら~」という説明がありますけど、前世は「視点」によってあるともないとも言えるのでここでは割愛します。

 

逆に「運命」は宿命とは違い自分の力で変えていけるという部分が特徴になります。

 

「パラレルワールド」の記事にも書きましたが、これからの自分の行動次第でいくらでも変えていけるというものです。

 

よく「私は運命的な出会いをした!」という言葉がありますね。これは単なる偶然のように思える出来事でも、「そこに至る」ようになるにはそれまでに「そういう行動をした(原因がある)」からという事です。

 

こういう話は仏教的な言い方をすれば「因果応報」と言って簡単に言えば、

「こうしたから(原因)」→「こうなった(結果)」

という事になります。

 

  • 「宿命」=「あらかじめ決められている設定」
  • 「運命」=「いいも悪いも自分次第で変わる」

 

と簡単にまとめるとこういうイメージです。

そしてこの話を踏まえて本題の「運命論」にいきたいと思います。



人生は全て決まっている?

悟り系のお話に出てくる「運命論」とは簡単に言えば、「人生の全ては決まっている」という事になります。

 

「え?人生って全部決まってるの?じゃあ努力しても意味ないって事?」

 

と受け取る人によっては思うかもしれませんが、これも最初に言ったように「視点」によって答えが変わってきます。

 

まずいつも僕がこのブログで言うように、こういうお話は「正しい間違っている」をどちらも証明できません。仮に証明できたとしても、全ての存在が納得する事はないので「絶対的なもの」とは言えません。

 

なのでどこまでいっても「ある視点のお話」程度に受け取ってもらえればと思います。

では話を戻しまして。

 

この運命論に出てくる「全て決まっている」は僕自身も納得していて、どちらかというと「ワンネス視点」な考え方だと思います。

 

ワンネス視点は「時間」も「場所」もない領域なので、先ほど出てきた仏教の「因果応報」が通じない視点になります。言葉にすると「起こる事が起きた」、「ただそうである」というカンジです。

 

時間という概念がないので、因果関係も存在しないんですね。「じゃあ因果応報が間違っているの?」と言われればそうではなく、その視点はそれで正しいんです。

 

「じゃあどれが真実(本当)なの?」と思う人もいるかもしれませんが、「真実(答え)」というのはそれを見る「視点」によって変わるので、言ってしまえば視点の数だけ「正しさ(真実)がある」と表現したほうがイメージ的に近いかなと思います。

 

この話を段階的に見ると、、

 

「生まれた時の宿命は決められている」

「その後の運命は自分の行動次第で変えられる(因果応報)」

「そして運命論はそれら全部含めて全て決まっている(運命論)」

 

というように視点によってそれぞれに段階があり、どの視点が「真実(正しい)」というものはないんですね。

 

「全て決まっている」という矛盾

「人生が全て決まっている」は先ほども言ったようにそれを受け取る人によっては、

 

「じゃあもし私の人生がダメなシナリオなら、これからいくら努力したって意味ないじゃん!」

 

と考えてしまう場合もあるかと思います。

 

そしてこの運命論の結論を先に言うと、

「全て決まっているけど、先の展開はわからない」

という事です。言葉にするとすごく矛盾してますよね。笑

 

この「全て決まっている」という話を分かりやすく説明している漫画があります。

 

「バガボンド」という漫画知っていますか?昔少年ジャンプで伝説のバスケ漫画「スラムダンク」を連載していた作者の「井上雄彦」先生が、雑誌「モーニング」で描いている漫画です。(原作は、吉川英治の小説「宮本武蔵」)僕はこの漫画も大好きでもちろん全巻読んでいます。

 

このバガボンドとはどういう漫画かと言うと、簡単に言えば「宮本武蔵と佐々木小次郎の闘い」を描いた時代劇漫画なんですが、その作品の中に「沢庵宗彭」という高僧(位の高いお坊さん)が登場しています。沢庵は歴史上にも実在した江戸時代の僧で、宗派は臨済宗だったと記録されています。

 

その沢庵は主人公の宮本武蔵が物語の中で木に吊されれて処刑されそうになるシーンなど、ストーリーの要所要所で登場する重要人物なんですが、その沢庵が過去の回想シーンの中で人々を救えない自分に苦悩し、荒れ狂う海の前で泣き叫ぶ場面があります。

 

すると突然沢庵に雷のような光が落ちて、そこでいわゆる「悟りを開いた」ような状態になります。その後、沢庵は物語の中で宮本武蔵が悩んでいる場面でこういう言葉をかけます。

 

「すべては決まっていて、それでいて自由」

 

この言葉は今回の話の「運命論」を説明する上で、実に的を射ている言葉だと僕は思ったので紹介しました。

 

物語の中でその言葉を聞いた武蔵は怒ります。「すべて決まっていてなんで自由なんだよ!」と。

 

先ほども言いましたが、完全に矛盾している言葉なので普通は「どゆこと?」ってなりますよね。

 

これは人生の「すべては決まっている」けど、先の「未来はわからない」のであらゆる可能性がある、つまり自由と言えるわけです。

 

「すべては決まっている(運命論)」と「自由(因果応報)」という言葉がそれぞれ別視点での事なので、いっしょにするとどうしても矛盾してしまうんですね。

 

この「すべて決まっている」をもう少し細かく説明すると、自分の「思考」も「感情」も「言葉」もありとあらゆるものが「すべて決まっている」という事になります。

 

この運命論の「すべて決まっている」は極論的な話なので、この世界で生きていく上であまり意味はないんですが、物事を「受け入れる」という視点から見る時に少しは意味を持つのかな~と僕は思っています。

 

似たような言葉で「自由意志」というものもありますが、「自由意志はあるのか?ないのか?」というやり取りも先ほどの説明と同じで「自由意志はある」という視点もあるし、「自由意志すら決まっている」という視点も同時に存在しています。

 

どの視点を重視して採用するかは人それぞれですが、せっかくこの世に個として存在しているわけだから、僕は「運命は自分次第で変えていける」という視点でこの世界をできるだけ楽しんでやろうと思っています。

 

だって「すべて決まっている」という視点は、ひと言で言うとめちゃくちゃ「つまらない」んですよね。

(´_ゝ`)アチャー

 

「それも含めてすべて決まっているんですよ。」というツッコミを感じながら、矛盾の中この記事を書いています。。笑

 

 

「すべては決まっていてそれでいて自由」

 

過ぎてしまった過去は変えられないし、たとえ人生がすべて決まっているとしても、これからの人生を「どう生きる」かは結局自分次第なんだと思います。

 



 

 

[画像出典 https://unsplash.com]

 

コメントを残す