人生を変えるかもしれない?僕が体験したバタフライエフェクトとは

 

ノリです。

突然ですがあなたは「バタフライエフェクト」という言葉知ってますか?

(´_ゝ`)どした急に

 

このバタフライエフェクトとは簡単に言うと、

 

「蝶の羽ばたきが回り回って地球の裏側でハリケーンを起こす」

 

という事なんですが、これはよく「カオス理論がなんちゃらかんちゃら、、」という話が引き合いに出されたりしますが、そういう小難し話はつまらないしワケが分からないのでとりあえず置いときますね。笑

 

今回なぜ僕がこのバタフライエフェクトの話を出したのかというと、このブログで以前お話した「思考は現実化する」「引き寄せの法則」にとても相性がいいなと思ったんですね。

 

「スピリチュアル難民」「自己啓発難民」という言葉の原因の一つに、よく引き寄せの話なんかで、

「願望をオーダーしてワクワクしていればあとは宇宙が勝手に願いを叶えてくれる!」

というものがあります。

 

これはもうツッコミどころ満載の考え方で、これは引き寄せの法則をビジネスにしている側の言わば「リップサービス」のようなもので、残酷な言い方をすると完全に情弱の人をターゲットにした言葉なんです。

 

さっきの言葉もよくよく冷静になって考えて見ればわかる事で、例えばあなたが今めちゃくちゃ空腹で今すぐ「牛丼食べたい!」という願望があったとします。

 

「牛丼食べたい(食べる)」というオーダーを宇宙にしてワクワクしていれば本当に牛丼食べれると思いますか?

 

「願望が現実化するまでにはある程度の時間がかかります」

 

いやいや、仮にそうだとしても「それ」を待っている間に餓死しちゃいますよね?笑

 

「好きなあのアイドルと付き合いたい(付き合う)!」と宇宙にオーダーしてワクワクしていればそのアイドルと本当に付き合える?

 

「明日になったら億万長者になってる!」とワクワク宇宙オーダーすれば本当になれると?

 

、、、

 

一言いいですか?

 

あるわけねーだろンなもん

 

(´_ゝ`)キムタク風?笑

 

 

「オーダーしたあとは宇宙が勝手に願いを叶えてくれる」

 

というのは、「やること(行動)をやった人には」という副音声が付いています。そしてこの「行動」というものが、「ラクしていい思いをしたい」という情弱の人が嫌う言葉なんですね。

 

なぜ嫌うのかは単純で行動には「痛み」が伴うからです。

 

この世界で「何かを手に入れる」には同時に「何かを失う」必要があります。

 

厳密には「必要」というか、そういう「二元性の仕組み」と言ったほうが正しいですね。

 

「行動」がなかなかできない理由

この「行動」というものは頭では理解していても、なかなか実行する事ができません。それはなぜかというと、この行動というものは「初動(やり始める)」にもっともエネルギーを消費するという特徴があります。

 

どういう事かと言うと、例えばあなたが「毎朝1キロジョギングする!」という目標があるとします。

 

この目標を達成するのに一番エネルギーを消費するのは「1キロを走る」のではなく、実はその前のランニングウェアに着替えて「一歩目を踏み出す時」なんです。

 

勉強で言うと勉強中より「よし勉強するぞ!」とノートと教科書を広げる時です。

 

僕自身も学生時代に経験ありますけど、勉強って取りかかるのが結構たいへんというかめんどくさいですよね。笑 「あーまだあとゲーム30分やってからやろ」とか「このマンガ読んでからやればいいや~」と「初動」させるのにはけっこう時間がかかります。

 

そしてようやくここからが本題の「バタフライエフェクト」の話です。

(´_ゝ`)前フリながっ!

 

初動とバタフライエフェクトの関係性

この行動で一番エネルギーを使う「初動」を起こすのに、バタフライエフェクトという考え方が非常に有効的なんです。

 

バタフライエフェクトという言葉の由来にある「蝶の羽ばたき」。これは簡単に言えば「すごく小さい力」。

 

例えばあなたがマラソンで42.195キロを完走するという目標があるとします。最終目標は42.195キロなんですが、いきなりそこにたどり着く事は難しいというか無理ですよね。

 

なのでまず初動させるためにめちゃくちゃ「小さい行動」から始めます。「え?そんな事でいいの?」っていうぐらいの小さい行動からです。まず「ランニングウェアを着る」でもいいでしょう。

 

そうするとどうなるかというと、「せっかくランニングウェアを着たんだからとりあえずランニングシューズを履いて外に出よう」という事になります。

 

そして外に出ると「せっかくだから少しだけ走ってみよう」と少しずつですが、行動の幅が広がっていきます。すると人間の脳は「これもできる」「あ!あれもできる」といい意味での誤解や錯覚を起こすようになるんですね。

 

「何もやってない自分」→「少しだけやった自分」→「まあまあやった自分」→「けっこうやってる自分」

 

と同じ「自分」なんですが、脳がいい意味で少しずつ勘違いをして行動の幅や量が増えていきます。この行動の壁になる「初動」を起こすのにバタフライエフェクトのマインドが有効なんです。

 

理由は先ほども説明したように「めちゃくちゃ小さい行動」から始めればいいので格段に行動しやすくなります。そしてここでのポイントは、最終目標は「なるべく大きく」して初動は「なるべく小さく」するという事。

 

逆によくない例は「最終目標が小さくて初動が大きいパターン」です。

 

例えばダイエットなんかで、「5キロ痩せる!」という目標を掲げて「今日からご飯を絶食してやる!」というようなパターンです。想像してもらえばわかるように、これだと当然ですが「続かない」ですよね。笑

 

バタフライエフェクトのポイントは「え?こんな事やっても意味なくね?」というぐらい小さい事でも、まず「やる事(行動)」なんです。

 

どんなに小さいと思える事でも、「何もしてない自分」より「少しでもやった自分」のほうが確実に現実世界に何らかの影響を及ぼします。これは「行動」だけではなくて「思考」もそうです。

 

この世界はある視点からするとすべてエネルギーで出来ていると「この記事」でも書きましたが、例えばこの世界や宇宙もすべてエネルギーという視点から見ると「歯車」のようになっていて、どんなに小さな歯車に見えてもそれが全て繋がっていて、いずれその動きがとんでもない大きな歯車に繋がっている可能性があるんですね。

 

ただこの世界に「絶対」はないので「こうすれば必ずこうなりますよ~!」と安易には言えませんけど、少なくともどんな小さな行動でもやれば「可能性」は出てきます。

 

僕が体験した小さなバタフライエフェクト

僕の過去の例で言うと詳しい数字は忘れましたけど、今から4~5年前に初めて「ブログ」というものを書きました。

 

その頃の僕は「たぶん僕の書いてるブログなんて誰も見ないけど、自分が書きたいからとりあえずやろう」というカンジで、「アメブロ」という媒体で休日に車を河原に停めて、当時まだガラケーで慣れない手つきでぽちぽちとブログの最初の記事を書いた事を今でも覚えています。

 

当時の事をバタフライエフェクト的にいうと、「とにかくどんなにクソみたいな文章でもいいからブログを書いた」という事です。そして好き勝手書いてブログを更新していくうちに、いろいろ人からコメントもいただくようになり、ブログを通じての素敵な交流が出来て、いつの間にか読者さんも増えて1年を過ぎる頃には、河原でガラケーぽちぽちしながら書いてた時の僕にはとても想像つかないような現実になっていました。

 

もしあの時、僕が河原でブログを書いていなかったら、当時の読者さんとの交流もなかったし、そのブログの後に書いた「ノリのブログ」も、あなたが見ているこの「人生とはもらいもの」というブログもおそらく存在しなかったと思っています。

 

これは僕の例なのでバタフライエフェクト的には「小さな規模」かもしれませんが、でも確かに僕の人生に影響を及ぼしたのは事実です。

 

例えばよくテレビ番組なんかである事で言えば、

 

「あの人の一言が私の人生を変えてくれた」

 

という場合がありますよね。これは言った本人は「何気なく」言ったかもしれませんが、受け取る側はその一言で後々の人生が変わってしまうほどの影響を与える事があります。

 

このように言葉というエネルギー一つ取ってみても、どこでどう影響し合うかわからないところが面白い部分でもありますよね。もし仮に今あなたに何らかの目標がある場合、どんな小さな事でもいいのでまずは初動させてみる事が大事です。

 

メジャーリーガーで有名なイチローさんのこんな言葉があります。

 

 

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。

イチロー

 

 

最後に少しイメージしてみてください。

 

今あなたの目の前に鏡のような大きな水面が一面に広がっています。

 

その湖のような水面に上空から「一滴の水」を落とします。

 

「ポチャン、、、」

 

 

大きな湖からすれば「たかが一滴の水」ですが、その一滴が起こしたわずかな「波紋」がいずれ大きな「何か」を起こす原動力になるのかもしれません。

 

↓バタフライエフェクトをテーマにしたわかりやすいアニメです。

[出典 https://www.youtube.com/watch?time_continue=127&v=BaxBFnIUTrc]

 

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “人生を変えるかもしれない?僕が体験したバタフライエフェクトとは”

  1. ノリさん、こんにちは✨
    私が「バタフライ・エフェクト」をはじめて知ったのは、有栖川有栖さんの「ブラジル蝶の謎」という小説だったんですが、目の前のほんのささいな現象がいろいろなことに影響を及ぼして大きな変化を起こしていくという考えかたに、読んだ当時、
    「すべてのものはつながっていて、無意味なものはないんだなあ…」と感銘を受けたのを覚えています。

    変化を起こすための方法を思いついてもそれがささいな行動だと自分のなかで最初から却下してしまったり、軽視しがち
    ですが、実はとても有効な手段になりうるんだなあと思いました♪(´∇`)

    • そうなんですよね。
      「こうしたらこうなる」というような絶対的なものはないとしても、ちょっとしたことが人生の「何かに繋がっている」可能性がありますよね。

コメントを残す