【感謝する心と生まれ変わり】輪廻転生とスピリチュアル的な意味とは?

感謝

感謝あるある

 

今回は「感謝と生まれ変わり」というテーマでお話してみたいと思います。

(´<_` )ふーん

 

まず「感謝」のお話にいく前に「生まれ変わり」について簡単にお話します。

 

「スピリチュアルによくある「前世」とか「生まれ変わり」って本当にあるの?」

という質問がありそうですけど、これも結局のところ「ある」も「ない」も絶対を証明できません。

 

ただ、海外のアメリカのバージニア大学の研究では、本人が知りようもない前世の記憶を持った人がいるという例が世界41カ国2600もあるという話もあるように、どちらかと言えば「ある」方が証明できそうな感じはあると個人的には思っています。

 

ちなみに僕は前世とか生まれ変わりはあると思っていて、巷のあるない問題はとりあえず置いといて今回は「ある」というテイでお話していきます。

感謝できるできないの差

よくスピリチュアルで、「何事も感謝する事が大事です!」というお話があります。

 

これは結論を言えばド正論で間違ってないんですが、もう少し正確に言えば「人による」という言葉になります。

 

「それはどういう人?」ということなんですけど、それが「生まれ変わり」です。

 

これは別の言葉では「魂レベル(ステージ)」になり、多少の違いはあるとしても大まかなイメージとして、

「生まれ変わりが多い」=「魂レベルが高い」

というイメージになります。

 

物事に対してすべて感謝する事ができるなら素晴らしい事だし、それはほぼ「完璧(神)」に近い存在だと思います。

 

ただ、僕も含めて人間がその境地なるのはなかなか難しいですよね。笑

(´<_` )だってにんげんだもの、、笑

 

なぜ難しいかと言えばそれはざっくりと「生まれ変わりの差」なんです。

 

よく感謝できない事で自分を責めてしまうパターンがあります。(過去の僕です。笑)

 

この生まれ変わりという視点から見れば、これはある意味「どうしようもない」とも言えます。

 

たとえば野球でいえば、小学生に高校生と同じ練習メニューをやらそうとしても技術的、体力的にも無理がありますよね。

 

それと同じで生まれ変わりの少ない人に「何事も感謝する」というのは難易度が高いんです。

 

ただ、だからといって

「オレ生まれ変わり少ないから感謝なんかしなくていいんだー!」

と開き直れと言いたいわけではなくて、笑 少しずつでも感謝できるパーセントを上げる事がスピリチュアル的に言えば、

この世に生まれてきた意味(今世の修行)」

とも言えます。

 

また人に対してやたら威張っているとか、物事に対してキレやすい人など明らかに自分より未熟だと感じる人は生まれ変わりが少ない可能性が高いので、そういう人に対しては同調して怒るのではなくて、

「この人は生まれ変わりが少ないから今世でいろいろと大変なんだな。」

というように、心の中で許してあげると自分にとってもストレスが少なく済みます。

まとめ

感謝というのはエネルギーが高まるので、もちろんできればできた方がいいです。

 

ただ、今回のお話のように生まれ変わりによって感謝できるパーセントは人によって違います。

 

誰が正しいとか間違ってるではなく、それぞれに段階があります。

 

「とにかく感謝しなさい!」と人に対して強要するのではなくて、それぞれが自分のできるペースで感謝できるパーセントを上げていけばいいやんかいさと個人的には思います。

 

というわけで今回は「感謝と生まれ変わり」についてのお話でした。

 

今回のお話に関連する「感謝」についての記事はこちらです。

【感謝すること】とはどういう意味?わかりやすく説明します

YouTube版

 

 

[画像出典 Unsplash]




 

[恋愛][仕事][対人関係]のお悩みは 電話占いヴェルニ

 

コメントを残す

CAPTCHA