【アセンションの本当の意味とは?】ブログでわかりやすく説明します

アセンションの本質について

 

ノリです。

今回はスピリチュアルのお話でもよくある、「アセンション」について書いてみたいと思います。

 

このアセンションというのもそれを見る視点によってはあるとも言えるし、ないとも言えます。

 

まず「ない」の視点では、

「アセンションとはなんちゃらかんちゃら~」

「これがアセンションだ!」

とただの状態に、人間が意味や価値をつけています。

(´_ゝ`)あらやだ!

 

でもこの視点だと話が終わってしまうので、(笑)ここからはある側の視点でいろいろと書いてみます。

そもそもアセンションとは?

 

ネット上でも「アセンションとは?」と検索すると、いろいろな情報が溢れていますよね。

 

アセンションとは簡単に言えば、次元上昇という意味です。

 

逆に「次元が下降する」という意味の言葉は、「ディセンション」といいます。

【次元とは?】スピリチュアルによくある話をわかりやすく説明します

 

そしてアセンションについての情報といえば、

「2万6,000年の周期で言えば、現在はちょうど1万3,000年にあたり、これから地球が次元上昇します。」

「地球上ではアセンションできる人、できない人の2極化が始まっています。」

「バシャール(高次元宇宙人の名前)がアセンションに必要な事とは、とにかく「ワクワクしてください」と言っています。」

「我々は聖書に予言されたスピグループです!我々がこの日本からアセンションを起こし、そして世界を救います!」

 

これはほんの一部ですが、ネット上にもいろんな意味でこういう「濃ゆい情報」で溢れかえっています。笑

 

僕が個人的に思う「アセンションとは?」を書く前に、まずこのアセンションというものについて気をつけおきたいポイントについてお話します。

アセンション詐欺が拡大中?

 

先ほども少し触れた、

「我々のグループがアセンションを起こします!」

と言っている人達ですが、もちろん究極的にはそれが本当かウソなのか詐欺なのかはわかりません。

 

未来は誰にも分からないので、確率は0%ではないかもしれないですが、僕は個人的には限りなく0%に近いと思っています。

 

なぜそう思うのかというと、今回のお題のアセンションに限りらず、こういうグループが使う言葉について感じる事があるからです。

「ここにたどり着いたあなたは選ばれた人です。」

「この話は絶対(真理)です!」

「あなたは参加するだけで絶対安心です。」

「この会に入会すれば必ず救われます!」

 

、、こういう言葉を聞くと何か感じませんか?

 

読んでもらえばわかると思いますが、なんか言葉が「臭い」ですよね?笑

 

それを言ってる本人がナチュラルでなのかわざとなのかは分からないですが、とにかく言葉が「クセえ」です。

(´_ゝ`)千鳥のノブか!

 

「クセえ」というのは、こういった言葉は弱者に向けた言葉です。

 

この弱者というのは、主に精神的な部分ですね。

 

簡単に言えば、「自分は何もしなくてもいい思いができる(できそう)」といったイメージの言葉です。

 

ようはこの世の中をナメた考え方です。

 

そしてさっき言ったような「必ず~絶対に~」という言葉を使っている時点で、正直ロクでもないもの(内容)だと僕は思います。

 

なぜなら、この世界で絶対というものはないからです。

 

言ってる側はもちろんしょうもないですが、こういう話をまともに受けてしまう側も被害者ではありますが、同時に自己責任とも言えます。

 

ようは考え方が他力本願なんですね。

 

こういう考え方のうちは、依存先が変わるだけで根本の部分(考え方)が変わらない限り、人生は変な方向へ向かったり同じところをグルグル回るのがオチです。

 

どこか特定のグループが「アセンションを起こす」、「世界を救う」というのはまずないと思います。

 

こういったグループに入会して、ほとんどの場合は無料で済むわけもなく、結果的にかなり高額の金額を払うパターンが多いと思います。

 

まあそれも含めて、本人が満足し納得してお金を払うなら、別にそれはそれでいいんですけどね。

 

「じゃあアセンションの話自体がウソなの?」

と聞かれそうですが、僕はそうではないと思っています。

 

では次に「どう違うのか?」という部分をお話します。

本当の意味での「アセンション」とは?

 

この「本当」という言葉も「僕の中では」という意味なので、当然すべての人に当てはまる話ではない事を先に言っておきます。

 

まず結論から言うと、アセンションは「ある」と思います。

 

ただ、先ほどの話で出てきたような特定のグループが起こすとか、そういうものではないです。

 

まずアセンションとは次元上昇という意味ですが、この次元の上昇というのは自分以外のどこかのグループ、どこかの教祖さまが起こすわけでもなく、それぞれの自分の中から起きるものです。

 

「自分の中」とは、自分の思考、意識(マインド)の在りよう(レベル)が変化する事で、「自分から見える世界が変わる」という事です。

 

世界が変わるわけではなく、自分の(マインド)が変わる事でそこから見える世界が変わるという事。

 

アセンションというのは個人個人に起こることなので、世界が一気に変容するという意味ではなく、個人個人の意識が変わる事によって、徐々に世界の在りようが変化していくイメージです。

 

例えば世間一般の常識と呼ばれるものでも、徐々に変化していますよね。

 

一つのわかりやすい例だと、「ユーチューバー」って分かります?

 

「YouTube」というグーグルが運営する動画サイトに個人が撮った動画を投稿し、広告収入というものでお金を稼いで生活している人たちです。

 

このユーチューバーという存在が「いい悪い」は別にして、これ一昔前だったら、あり得ないような事なんですよね。

「個人が撮った動画なんて誰が見るの?」

「そんなんで生活できる?」

とツッコまれそうなものです。

 

でも今現在ではトップYouTuberともなると、サラリーマンの年収以上のお金を月収として稼いでいます。

(もちろん将来的にはわかりませんが。笑)

 

そのYouTuberは何をやっているのかと言うと、個人で情報という価値を動画で提供しているという事です。

(もちろんそうでない人もたくさんいますが。笑)

 

YouTubeはいわゆる動画ですが、あなたが今読んでいるこういうブログも「動画か文字か」という違いだけで、価値を提供するという視点では同じ事をやっています。

 

いわゆるブロガーと呼ばれる人は、実際にブログだけでご飯を食べて生活している人もいますよね。

これから迎える「新時代」とは?

 

一昔前の常識ではあり得ないような事が世界では起きているし、これからもどんどん起きます。

 

このYouTuberはほんの一例に過ぎませんが、この世界は同じようで徐々に変化しています。

 

いわゆる「諸行無常」というやつです。

 

この例えはいわゆるお金に関してですが、これから世界はいろいろな面で個々の個性が発揮されて、会社で働く以外にも様々な生き方や考え方が変わったり、選択できたりと多様化していくと思います。

 

例えば、最近だとロボット(AI)の存在が目立ってきましたよね。

 

「10年後に無くなる職業ランキング」というものがあるように、いままで人がやっていた事はほとんどロボットがやる時代が来ています。

 

例えば、コンビニでも無人化がどんどん進んでいます。

 

機械的な単純作業はほとんどロボットがやるようになるので、そういう作業では人がやらなくてよくなります。

 

最近では、「モノよりコト」という言葉もあるように、物質的なものより体験など目に見えないものに、価値が置かれるようになっています。

 

先ほども説明したYouTuberも、物ではなくて個人が情報という価値を提供していますよね。

 

また、「悟り世代」という言葉もあります。

 

例えば昔の若い人たちは3高といって、「高身長、高学歴、高収入」と目に見えるものに価値を感じていましたが、今の若い人たちは優しさや一緒に育児などを手伝ってくれる男性に価値を感じています。

 

これは目に見えない、精神的な部分に価値を感じているわけです。

 

また「仮想通貨」というものも、最近耳にするようになりました。

 

これは一時セキュリティ面に問題があっていろいろありましたが、あれもお金が物質的なものから目に見えないものにシフトしようとしています。電子マネーなんかもそうですね。

 

これらはほんの一例に過ぎないですが、このようにいままで物質的なものに価値が置かれていましたが、少しずつ目に見えないものに価値がシフトしています。

 

ある視点から言えば次元が上昇すると、だんだんと物質的なものが無い世界になっていきます。

(これもこの「物質」という言葉をどう解釈するかにもよりますが。)

 

「アセンションによって2極化が起きる」

 

という言葉も、いままでの物質至上主義な考え方の人と、「それだけが価値ではない!」と柔軟な考え方の人がそのまま生きていくのとでは、それぞれに迎える未来が違うという事だと思います。

 

これも別にどちらが「正しい間違い」という事ではなくて、スーパーマリオでいうところの「ステージ」が違うというだけの話ですね。

人生のステージ(魂レベル)にある4つの段階と高い人低い人の特徴

 

簡単なステージが好きな人もいれば、難しいステージが好きな人もいるというイメージです。

新時代のキーワードは「創造」

 

そしてこれからの新時代の人間のキーワードは、人(個)それぞれの創造(創作)です。

 

ようは機械的な単純作業の逆ですね。

 

ロボットにはできなくて、人間(想像力)だからできる事をする。

 

その人にしかできない事や情報や体験などを発信する。

 

これは人間個々の「想い」がヒントになります。

 

「想い」とその人の「個性」を掛け合わせることによって、世界で「その人にしかできない創作」をする事ができます。

 

この世に生まれて死ぬまで、「全く同じ人生」を歩む人間は一人もいないですから。

 

そしてヒントは常に自分の中にあります。

 

アセンションとは、別にスピリチュアルな仕事をしている人のものではなくて、どんな人にも関係していることだと僕は思います。

 

サラリーマンでも、スポーツをしている人でも、料理を作っている人でも、普通の主婦でも、無職のニートでも、「次元の上昇」というのは常に誰しも起こる事です。

 

なぜかというと、入り口は違っても元をたどっていけば本質というものは同じで、ある視点から見れば「全ては繋がっている」からです。

まとめ

 

「じゃあ自分の次元を上昇させるにはどうしたらいいの?」

 

という質問の答えというかその「ヒント」は、既にこのブログ記事の「波動」「次元」「エネルギー」記事のほうで説明しています。

 

ここまでの話をまとめると、アセンションというのは特別な人の特別な「何か」ではなく、それは自分の外側ではなく「内側」にあって、誰にでも常に起こる事、もう少しわかりやすく言えば自分次第という事です。

 

「スピリチュアルって危険なの?」についての記事はこちらです。

スピリチュアルは危険?ハマると怖い洗脳系や特別意識系の特徴

 



 

[画像出典 https://unsplash.com/

5 Responses to “【アセンションの本当の意味とは?】ブログでわかりやすく説明します”

  1. 興味深い話しをありがとうございます。「アセンション」は、いつの時代も言われてきた内容と思います。上昇にしても下降にしても…。

    今回のアセンションの騒動は新興宗教よろしくで、あまり賛同できません。もちろんアセンションと似たようなことは時期がくれば起こりえると思います。自分自身だけのレベルではなく、地球がアセンションしなければならない時期がくれば…。

    人々の意識上昇がなければ人類に将来はないでしょう。AIだの大量破壊兵器だの情報通信だのと人類の科学技術の飛躍的な向上は、もはや爆発的な地球人の意識上昇なくしては成立しないからです。ドラマが終わってしまいます。

    今回のアセンション騒ぎはともかくとして、近いうちにアセンション的なことは欲しいですね。そうなれば、悟りも非常に楽になります。高いエネルギーの環境にあると、不思議なことに恐怖や不安がどんなものだったか思い出なくなるほどです。

    ちなみに他力本願は、自力ほどの強さと集中力を必要としませんが、長時間の忍耐強い修行を必要とします。
    環境は大事ですが、最終的には自分のアセンションが大事です。すべては、おっしゃるとおり、そこに有ると思います。

    • 由衣さんコメントありがとうございます。

      こちらこそ興味深いお話ありがとうございます。「アセンション」というのもどう定義するかはその視点次第ですが、この世界をエネルギーという視点で見たときにやはり「低い」よりは「高い」ほうが人生がより豊かで楽しいものになると思うので、このブログでもこれから「エネルギーを高めるやり方」などの情報が提供できればいいなと考えています。

      最終的には由衣さんの言うように「自分次第」で、僕自身もそうですけどこのブログがほんの少しでもその「きっかけ」になればと思っています。

      • こちらこそ、ありがとうございます。高い、豊かなエネルギーの話しが楽しみです。
        今回は「地球のアセンション」のお話しだったと思うのですね。そこに住むわたし達も便乗するという…。でも、地球がアセンションするならば、プロセスとして地球温暖化なので、この惑星自体が大変になるのが自然の成り行きです。その中で、人も自然の偉大さに気づき畏怖するわけです。背後にはエネルギーの変容があるわけですが、見えるプロセスとしては大変な時期を通過しなければならないわけですね。
        人も同様で、厳しい時期を迎え、そこで修練して闇を突破するプロセスが何度も必要と思うのです。そこで、いかに修練を楽に、楽しく、楽観的にやるか…誰だって豊かでありたいですからね。修練は大事です。ワクワク(汗)する修練。
        そんなわけで、今後の記事も楽しみにしています。勉強になりますから。

        • そう言ってもらえるとブログ更新の励みにもなります。
          こちらこそありがとうございます。

          今後、「魂を磨く(修練)」「エネルギー」という視点についても書いていく予定なので、気長にお待ちください。笑

  2. 日本のスピリチュアル市場は、なんとなくグループを作ったり、独断的だったり、肌に合わない感じが多いと思ってます。その人が、エンパス体質だった場合は特に惑わされないようにきをつけないといけない。Matt Kahnの経験談がとても私には役に立ってます。普通の生活日常から逃げることではないということも大切ですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)