感謝すれば成功も幸せも引き寄せれる?それは「段階」によると思う

 

どうもノリです。

今回は「感謝」について書いてみたいと思います。

 

よく巷の自己啓発やスピリチュアル本なんかでこんな言葉ありますよね。

 

「何事も感謝する事が大切です」

 

これって確かにそうなんですけど、これってものすごく雑な言い方で、この言葉を受け取る人の場合によっては「毒」だったりもします。

 

「え?それってどういう事なの?」

 

という事をこれから順番にお話しますね。

 

感謝の種類

まず感謝って大まかに分けると2種類あります。

 

それは「行為」と「状態」です。

 

例えばあなたが、

「とにかくイヤな事があっても感謝しなさい!」

と言われて無理やり感謝する場合は、「行為の感謝」になります。

 

「はいはい。感謝すればいいんでしょ~」

っていうカンジにする感謝です。

 

確かに物事に対して感謝しないよりはしたほうがいいんですけど、無理やり表面上で取り繕うだけの感謝なので、ヘタしたら逆にストレスになったりします。

 

もう一つの「状態の感謝」というのはさっきのような、

「感謝しよう!」

「感謝しなさい!」

というような無理やりなものではなくて、日常生活の中で自然と出てくる

 

「ありがたいな~」

 

というような「想い」です。

これは行為ではないので、ある意味自分の力ではどうしようもできないものです。

 

なぜなら「自然に湧き出てくるもの」だから。

 

これって別に特別な事じゃなくて、誰しも日ごろやってる事(感謝)です。

 

感謝をしている自覚がない感謝。

 

だからある視点から言えば何かそういう本を読んだり、そういうセミナーも受けて勉強する必要もないんですよね。

 

だってもう感謝できているわけだから。

 

ステージによって違う感謝

最初に感謝のやり方によっては「毒」になると言ったのは、人にはそれぞれステージというか魂レベルというかそんなものがあります。

 

もちろん視点によってはそんなものは「ない」です。

 

ただこの話はこの世の事なので、そういう「ステージ」みたいなものはあります。例えば同じ地域で同じ年に生まれた人でも、それぞれステージが違います。

 

ここで注意したいのはこれは別に

「高いからよくて低いからダメ」

という単純な話ではないんです。

 

小学校と同じで1年生は1年生で勉強することがあるし、6年生は6年生の勉強がありますよね。

 

それと同じで人がこの世に存在している以上は、それぞれに勉強することがあります。

 

これを踏まえて「感謝」の話に戻すと、いろんな物事で感謝をできればそれにこしたことはないんですけど、そのステージにいない人が無理やり感謝(背伸び)すると、ストレスになって逆効果になる場合も出てきます。

 

小学1年生が3段の跳び箱を練習しているのに、いきなりというか無理やり6年生と同じ高さの跳び箱をやらしたら大抵ケガしますよね。

 

それといっしょで人にはそれぞれ「段階」みたいなものがあります。

 

だから感謝って人に、「あーせえこーせえ」って強要するものじゃなくて、それぞれ個人が自分のできる範囲でやればいいだけの事だと僕は思うんですよね。

 

人に「もっと感謝しなさい!」って言ってるヒマがあったら、勝手に自分だけでやってればいいって事です。

 

感謝して気持ちよければそれでいいし、なんか無理あるな~と思ったら別にやらなくてもいいんだと思います。だって感謝って「こういうものだ!」という定義なんてどこにもないわけだから。

 

まあなんやかんや言いましたが結論としては、

 

「感謝したい人はやればいいし、あと人には押し付けないようにする事」

 

というのが、暑苦しくないし人にも迷惑かけないからいいスタンスだと僕は思います。

 

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

コメントを残す