生きる意味が分からない?あなたの魂がこの世に出てきた2つの理由

 

ノリです。

 

「生きる意味がわからない!私は何のためにこの世に生まれてきたんだ!?」

 

という疑問を抱いて生きている人もいると思います。今回はかなり「そもそも的」なテーマの「この世に生まれてきた意味」についてお話していきたいと思います。

 

これは別のスピリチュアル的な言葉にすると「魂の願望」「御魂の使命」という表現ができますが、だいたい同じ意味なので言葉に囚われずに大まかなイメージで大丈夫です。

 

まずこの「魂」というものも「ワンネス」という視点からみると「ない」です。なのでよくスピリチュアルでも「悟り系」と言われるお話では、

 

「この世に生まれてきた事に意味も価値もない」

 

という表現をしますが、これは「正しい、間違っている」というわけではなく確かにそういう視点もあります。

 

あるんですけど、これからお話するのはあくまでその視点ではなく「魂」というものがあって、そこには「願望」「使命」があるという視点からの話になります。

 

そしてなぜその視点の話をするのかと言うと、そういう事を知っておいたほうが知らないよりは「より人生が豊かで面白くなる」と、あくまで僕が自己満でそう思っているからです。

ではさっそくいきましょう。

 

魂の本当の願望とは?

どんな人でもそうですが、「今の自分」というものは「本当の自分」からみると次元をかなり下げた状態になります。

(´_ゝ`)本当の自分?

 

「本当の自分」というとスピリチュアルでは「真我」という言葉もあります。これは次元を究極的に上げるとさっき言った「ワンネス」になって魂という「個」はなくなりますが、イメージ的にそこから段々と次元を下げるとハイヤーセルフとか守護霊さまとかになり、一言でいえば「高貴な自分」がいます。そこから次元を下げたところに「今の自分」がいます。

 

ワンネスから少し次元を下げて個に分離したところに、今回のテーマの「魂」があります。まああまり難しく考えずにここではだいたいのイメージを掴んでもらえればオッケーです。

 

この魂には最終的に2つの願望(この世に生まれてきた目的)があります。

 

  • 人に喜ばれたい
  • ステージ(魂レベル)を上げたい

 

という2つです。わかりやすく2つありますが、お気づきのようにこの2つは密接に関係していて、

 

「人に喜ばれる」→「魂レベルが上がる」

「魂レベルが上がる」→「より人に喜ばれる」

 

という循環で成り立っています。そして逆もまたしかりですよね。笑



人に喜ばれたいという魂の願望

魂は基本的に「人に喜ばれたい」という願望があります。

 

これはもう少し広い視野で言うと「人」に限らず、動物や植物に対しても基本的にはそうです。例えば人間が「ペットを飼う」理由はいろいろとあると思いますが、根本的には「喜ばれたい」という願望があります。

 

植物も同じで、「花を愛でる」という言葉もあるように、植物を育てたり世話をするのは根本的には「喜ばれたい」という願望があります。

 

この「喜ばれる」という言葉の意味もさまざまなパターンがあって、1番イメージしやすいのは「困っている人を助ける」「周りの人に対して親切にする」などのパターンですね。

 

他のパターンでは例えば最近引退した安室奈美恵さんのような「歌手」の場合は、「歌う」事でそれを聴くファンの心を魅了して人に喜ばれています。

 

最近大活躍中の「テニス選手」の大坂なおみさんの場合は、「テニスをプレイする」事でファンを魅了して人に喜ばれています。

 

もっと身近なところで言えば近所の「パン屋さん」は毎日美味しい「パンを作る」事で、近所のお客さんに喜ばれています。

 

毎日電車に揺られて通勤する「会社員」も、作業している「仕事」が会社の人であったり回り回って世の中の人に喜ばれています。

 

毎日家事や育児に忙しい「主婦」も、日々こなしている「家事」が子供や旦那さんに喜ばれています。(「うちの旦那なんて全然喜んでなんかないわよ!」というツッコミはとりあえず置いといて。笑)

 

まだまだ挙げればきりがないんですが、この「喜ばれる」にはいろんなカタチがあります。

 

「人に喜ばれる」というのは一言でいえば「一体感」です。

 

「一体感」というのは、自分以外の「他人」がいないと成り立たないもの。そしてこの「一体感」というものは「幸せ」の中でも幸福度が高いです。逆に自分一人だけの「満足」という幸せは幸福度が低い幸せです。

 

どういうことかと言うと、例えば今この瞬間に地球上で人間が「自分一人だけ」になったとします。

 

この場合、世界に人間が自分一人だけなので「人を喜ばすこと」ができないですよね。

 

自分が生きていくために食事をしたり、他人がいないので世界を自分の好きなようにできたりとある程度の満足度を得ることはできますが、所詮は「自分一人だけの満足」なのでエネルギー的に見ても循環はしないし「一体感」と比べると幸福度は低くくなります。

 

他人がいることでもちろん「苦しみ」はありますが、反対に人を喜んでもらうことで自分に「喜び」が何倍にもなって還ってきます。これがエネルギーの循環です。

 

ステージ(魂レベル)を上げたいという魂の願望

「人に喜ばれることをするとどうなるのか?」

 

と言うと、一言で「ステージ(魂レベル)が上がる」という事です。よくスピリチュアルな話で出てくる、

 

「人はこの世に魂を磨くために生まれてきた」

 

という言葉がありますよね。そしてこういう話を聞くと「魂を磨くって具体的にどういうこと?その洗剤とスポンジってどこで売ってるの?」ってなりますよね。笑

(´_ゝ`)スポンジ?

 

この「磨く」というのが、「ステージを上げる」と同じ意味になります。

「だからステージ(魂レベル)って何?」という人はこちらの記事をどうぞ。

人生のステージ(魂レベル)にある4つの段階と高い人低い人の特徴
ノリです。 前回の「エネルギーが低くなる話」でもお話したように、今回はこの世における「ステージ(魂レベル)」の話をしたいと思います。 ここでは「ステージ
2018-09-18 19:00

 

そしてこういう話を聞くと昔の僕もそうでしたが笑、

 

「そんな事誰が決めたの?」

「それを証明する事はできるの?」

「全部デタラメだったらどうするの?」

 

というツッコミはいつの時代もなくなる事はないでしょう。これはもう一言で、「ただそういう仕組み」と言うしかないですね。

 

「地球って何で回ってるの?」

「宇宙って何のために存在してるの?」

「それって誰が決めたの?」

 

というツッコミと同じ感じです。笑 なのでこういう話が信じられないならそれでもいいし、違うと感じるならそれも正解だと思います。あくまでこういった話は「興味があればどうぞ~」といったスタンスです。

 

話を戻しまして、この世に生まれてきた意味や目的は、「人に喜ばれたい」「ステージ(魂レベル)を上げる」で、お気づきのようにステージを上げていくほど「神に近づく」と同じ意味になります。

(´_ゝ`)ンなアホな

 

そしてこれは肉体的な事ではなく「マインド(精神的)」がという意味です。

 

元々「全て(ワンネス)」だったものが、「分離」をして次元を下げて、1番下のステージから出発して一段一段上がって(次元を上げて)いくというイメージです。

 

そしてステージを上げていくのにはいろいろな「道」があり、どの道が「上だ下だ」というものはないです。

 

この「道」というのは「役割」とも言え、先ほど説明した「歌手」「テニス選手」「パン屋」「会社員」「主婦」などであり、ずっとそのままいく人もいるし、また途中からその役割が変わるパターンもあったりさまざまです。

 

もちろん「自分の人生をどう生きるのか?」というのは人それぞれに答えがありますが、自分がどの役割であったとしても一番深い場所の「真我(魂)」は「人に喜ばれる」「ステージを上げる」という事が目的です。

 

ただ、こういう話を聞いていきなり「うん。そうだね!」と簡単に自分の中に受け入れれる話でもないので笑、今回はとりあえずなんとなくのイメージが伝わればと思っています。

今回の話は以上です。

 



 

 

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “生きる意味が分からない?あなたの魂がこの世に出てきた2つの理由”

  1. ノリさん、こんばんは✨

    今回の記事すごく共感します。
    私がスピリチュアルに興味を持ったばかりのころ「いいことを思うと(すると)いいことが起こる」という法則(?)みたいなものを知って、実践しようと思ったんですが、
    そのときは、知識だけから実践していたせいか、なんかいまひとつうまくいかないなあ…という感じでした。
    でも、なんとかつづけていくうちだんだん腑におちてきて、自然な感じで実践できはじめました。そのころから、なんかいろんなことがうまくまわりはじめたように思います。

    その「腑におちる」というのが私の場合、今回ノリさんの記事にある

    「人に喜ばれたい

    ステージ(魂レベル)を上げたい」

    という願望をもとにして実践できている状態なのかなあと思いました。

    この状態にあると、自分自身もうれしいし、自分の予期した以上の(うれしい)意外性のあることが起こったりして、そのことでますます腑におちる感じです。
    これでいいんだなあという実感、手応えを持てて、なんか大きな流れみたいなものに乗っかっている感じもします。
    このあとのノリさんの記事も引きつづき楽しみにしています(*´∀`)♪

    • Mioさんコメントありがとうございます。

      そうなんですよね。ステージが低いうち(自分自身が満たされてない状態)に「とにかく感謝しよう!」ってやると、基礎がまだできてない体操選手がいきなり大技をやろうとするのと同じで無理があるんですよね。

      Mioさんが言うように「自然に」「腑に落ちる」というのはとても大事な部分でだと思います。
      「期待」から「信頼」に変わっていく証拠ですね。(^^)

コメントを残す