【人生の優先順位】について一つの考え方のお話

「私の人生の中で大事な事ってなんだろう?」

 

こういう疑問ってとくに正解なんてものはなくて、ある視点から見れば「意味も価値もない」と言える。

 

たとえば「人生の優先順位と壺」という有名な話がある。

 

目の前に一つの壺があるとして、「砂」「小さい石」「中ぐらいの石」「大きな石」があるとする。

 

壺の中に入る容量は変えることはできない。

 

たとえば壺の中に砂と小さい石と中ぐらいの石を入れて一杯になったとする。

 

壺の容量は決まっているから、もう「大きな石」を入れることはできなくなる。

 

この「壺の容量」というのは「人生の時間」という見方もできる。

 

「石」というのは、「人生の中で優先させるもの」

 

壺の中に石を入れる時、「一番大きい石(優先順位の高いもの)」をまず先に入れる事が大事になってくる。

 

なぜなら、それ以外の砂や小さな石を先に入れてしまえば人生で一番大事なもの(大きな石)が入らなくなるから。

 

もちろんこの「人生で一番大事なもの」は人によって違う。

 

それが「お金」なのか「地位や名誉」なのか「仕事」なのか「家族」なのか「友達」なのか「健康」なのか「食べる事」なのか「旅行」なのか「昼寝」なのか、、、

 

たとえばもう亡くなっているけど、iPhoneで世界的に有名な「アップル」の創業者のスティーブジョブズが死ぬ間際に言ったとされる言葉。

 

「もっと家族との時間を大切にすればよかった、、」

 

もちろんこれもある視点から見れば「いい悪い」はない。

 

別の視点から見れば、あなたにとって人生の中で「失いたくないもの」が優先順位の高いものかもしれない。

 

それが家族なのか健康なのかお金なのか、、

 

あなたにとって「砂や小さな石(どうでもいい事)」は何だろう?

 

あなたにとって「大きな石(大事な事)」は何だろう?

 

コメントを残す

CAPTCHA