スピリチュアルって危険なの?ハマると怖い特別意識系や洗脳系などの特徴

 

ノリです。

今回は「スピリチュアルは危険なのか?」というテーマで書いてみたいと思います。

 

このブログでも「スピリチュアル」というカテゴリーがありますが、以前にも説明したようにこのスピリチュアルというものもそれを見る視点よって変わります。

 

この「危険」という言葉が出るスピリチュアルというのは、僕的な言葉で言わせてもらえば「ゴリゴリ系」「濃ゆい系」なものです。

(´_ゝ`)ゴリゴリ?

 

いずれも僕が苦手なものですが、笑 まずそれはどういうスピリチュアルなのか?という部分を少しだけ説明してみたいと思います。

 

特別意識系

「私は特別な選ばれたライトワーカーです!」

「私はこの地球に数人しかいない高次元宇宙人⭕︎⭕︎の言葉をチャネリングしています!」

「私は悟り体験をしました!」

「私は覚醒体験をしました!」

「私達が予言されたこの地球をアセンションさせるグループです!」

 

、、、とまあ書き出すとまだまだキリがないんですが、まずこの手の話の中身がどうこう以前にこのセリフをぱっと見ただけでも、僕が「濃ゆい」という言葉を使いたくなる気持ちわかってもらえます?笑

 

スピリチュアルの世界ではこういう「特別意識」が強い人がとても多いようです。これに似たものでも、「私はブッダ(キリスト)の生まれ変わりです。」というパターンもあります。

 

これに関してもそれが本当かどうか別にして「それわざわざ自分で言う?」って個人的に思うんですね。

 

だってスーパーマンやスパイダーマンが自分から正体バラしてたらなんかダサくないですか?本当のヒーローや凄い人って「オレ実は凄いヤツなんだぜ~?」と自ら言わないと思うんです。

 

悟り体験や覚醒体験と呼ばれているものも、所詮は本人の「自己申告の自己満足」で、そういうその人の「体験」に価値があるわけではなく、その後にその本人が「何を語ってどういう価値(情報)を世の中に提供できるのか?」という部分が試されるんだと思います。

 

話が少し逸れましたが、この「特別意識」というのは裏を返せば、

 

「もっと人に凄いと思われたい」

「もっと人に認められたい」

 

という心の現れとも言えます。そしてこういう感情というのは当然人間なら大なり小なり誰しも持っています。

 

ただ、スピリチュアルという独特な世界観の中で、こうした特別意識が必要以上に肥大してしまい日常生活に支障をきたす場合があります。そういう意味では「危険」と言ってもいいかもしれないですね。



押し付け系

先ほどの特別意識とも関連するもので、「人に押し付ける」というものもあります。

 

「もっと人に感謝しなさい!」

「あなたのそれはまだ悟っていません!」

「物事をジャッジしてはいけません!」

 

書き出せばまだまだありますが、こういう人の特徴は「自分が絶対的に正しい」という軸があります。

 

逆に言えば「自分の言ってる事が絶対に正しい!」と思ってないと人様に考えを押し付けるなんてできないですよね。笑

 

これはスピリチュアルにはよく「自分は神」と言いますが、単純に、

 

「自分は神」→「神は正しい」→「私は正しい」

 

という考え方に陥り、自分以外の他人の存在を軽視する傾向があります。

 

「自分は神」というのは間違ってはないんですがそれは視点にもよるし、そもそも自分がイコール神なら自分以外の他人(存在)もそれぞれ神であり、みんなが自分勝手な言動をすれば世の中めちゃめちゃになります。

 

現在世の中がそうなってないのは、自分勝手な人の周りに合わせてくれている優しい人がいるからだと思います。特にこの日本という国は「和」の国なので場所や人にもよりますが、行列があればちゃんと順番に並ぶし、落とし物があれば交番に届けてくれますよね。

 

「自分は神」という言葉を履き違えると、ただのワガママ、自己中心的な人間になる可能性もあります。

 

「私の言うことがこの世の真理です!」

 

というディープな人もスピリチュアルの世界ではたくさんいますが、その話が正しいかどうかはおいといて、僕が思うのはさっきのスーパーマンやスパイダーマンのクダリと同じで、「本物ほど自分からわざわざ言わない」と思います。

 

「真理」という言葉が出たのでついでに言わせてもらうと、僕は「真理はない」と自己満ですが思っています。もう少し正確に言えば「一人一人にそれぞれの真理がある」と言ったほうが正しいでしょうか。

 

もう少し掘り下げると、「結局は何もわからない」と思っています。わかったと思っていても「わかったと思い込んでいるだけ」とも思っています。

 

また少し話が逸れましたが、笑 この「押し付け系」は一部のスピリチュアルの知識や教えで傲慢さが肥大してしまったという状態で、これも世間一般で生きて行く上で危険なものとも言えます。

 

恐怖心煽り洗脳系

先ほどの「押し付け系」との合わせ技のようになりますが、スピリチュアルの世界では「恐怖心煽り洗脳系」というものも存在します。

 

「今すぐ前世のカルマを解消しないととんでもない目に遭いますよ!」

「今すぐこの会に入会しないとあなたアセンションできませんよ?」

「このセミナーに参加しないと地獄に堕ちますよ!」

 

この辺りのスピリチュアルになるとかなりディープで、先ほど説明した「特別意識」、「押し付け」を足した上での「恐怖心煽り洗脳系」とも言えます。

 

主に悪徳系の占いやスピリチュアルな会などに見られますね。

 

ようは人間の「恐怖心」を煽ってくるわけですが、こういうのは心理学にも関係してくる話でよく詐欺師が使うような考え方です。その中に「損失回避性」というものがあります。

(´_ゝ`)はい?

 

これは簡単に説明すると人間というのは「得する事よりも損をする事の方がより敏感に感じる」という性質があります。

 

例えば、

「今この会に入会すると、これからあなたにとても幸せな出来事が起きますよ!」

「今この会に入会しないと、これからあなたにすごく不幸な出来事が起きますよ!」

 

まあ人にもよりますが、この2つを言われた時に人間はどちらにより反応しやすいのか?という事です。

 

「恐怖」という感情はとても強い力を持っていて、それを反動させて人生をよりいい方向に持っていく事もできますが、悪用すれば人を煽る、騙すことに使う事もできます。

 

よくニュースである「オレオレ詐欺」のようなものも、「ほっておくと大変な事になるよ!」と不安を煽って恐怖心で冷静な判断をさせないようにしていますよね。

 

スピリチュアルの世界でもすべてとは言いませんが、一部の人はこうした恐怖心の負の力を巧みに利用し、人からお金(エネルギー)を奪うことしか考えない人もいます。

 

この「奪う」という事を目的にしている人はいわゆる「ステージ(魂レベル)が低い人」です。(あくまで「ステージ」というものがあるという視点の話です。)このステージの人は奪うことでエネルギーを得るので、いつまでも満たされる事がない状態が続きます。

 

「エネルギーバンパイア」という言葉もあるように、「もっと⭕︎⭕︎して欲しい!」「こうなったのはあいつのせいだ!」というようなマインドの人が特徴で、自分の欲望を制御できなかったり人に対して批判的や攻撃的な人が多いです。

またまた少し話が逸れましたが、笑

(´_ゝ`)どんだけ~

 

僕が個人的に思うのはいわゆる「本物」と呼ばれるような人なら、そういう「恐怖心を煽る」ような事はしないと思います。

 

あと占いとかでもよくある、

「今⭕︎⭕︎しないとこういう恐ろしい未来が訪れますよ!」

という未来のビジョンが占い師に見えたとして、それはあくまで無数に存在する「パラレルワールド」の1つであってそうなるかもしれないけど、「絶対的な未来」ではないんですね。

 

「当たるも八卦当たらぬも八卦」

 

という言葉もあるように、

「占い師の言う事」=「絶対」

ではないという事です。これは別に占い師をディスっているわけではなくて、この世界で存在している以上誰しも同じ条件で、いわゆる「神」と呼ばれる存在でも人間よりはかなり「絶対」に近いんですが、「近い」というだけで「絶対そのもの」ではないです。

 

なのでこの「恐怖心煽り洗脳系」の場合、あなたが「ん?なんか変だな、、」と何か違和感を感じたらその感覚を大事にして下さい。

 

「感情」ってけっこう凄くて、心の中からサインを送ってくれています。逆に言えば僕のこのブログを読んでいて「なんか違うな、、」と思ったら遠慮なく離れて下さい。笑 「正しい間違ってる」という事ではなくて、「相性が合わない」「そういうタイミングではない」というだけの事です。

 

「危険」なのはスピリチュアルではない?

ここまで「特別意識系」「押し付け系」「恐怖心煽り洗脳系」と説明してきました。

 

こういう精神状態はいわゆる学生時代で言うとこの「ヤンキーの時期」で、一言で言えば「勘違いしてスゲー調子に乗ってる状態」です。笑 もちろん人にもよりますがスピリチュアルをやっている人なら大なり小なり「通過するもの」だと思います。

 

まあご覧の通りあまりいい状態ではないんですが、そういう時期はあってもいいけど学生時代と同じで「いつまでもヤンキー」では困りますよね。

 

僕自身、過去を振り返ってみると「プチヤンキー時代」があったようななかったような。。

(´_ゝ`)こりゃあったな

 

「スピリチュアルは危険なのか?」このテーマに対しての僕のスタンスとしては、「危険」なのはスピリチュアルではないと思っています。

 

まず「スピリチュアル」というものの定義というのは人それぞれ。

 

僕自身、「スピリチュアルとはこういうもの」というのは、以前にこの記事にも書いた通りです。

霊感やオーラが見えないとダメ?スピリチュアルとはどういう意味なのか
ノリです。 今回はかなりの「そもそも」的なお話になりますが、「スピリチュアルとは」について書いてみたいと思います。 このブログにも「スピリチュアル」とい
2018-08-03 19:00

 

そしてスピリチュアルに限らず、あらゆるものはそれを「扱う人次第」とも言えます。例えば「包丁」でも「火」でも、今回の「スピリチュアル」と本質は同じです。

 

それを「扱う人」によって、生活や人生をより良く豊かにする事ができるし、逆に言えば凶器にもなり人生をめちゃくちゃにする事もできます。

 

なのでまず自分でできる事はスピリチュアル自体ではなく、「それを扱っている人」を曇りなき眼で見定める事。

( ´∀`)Σ⊂(゜Д゜ )もののけ姫か!

 

もう少し具体的に言えば、それを扱っている人がどんな「言動」をしているのか?という事です。

 

ただ、詐欺的なスピリチュアルグループなんかは入会させるためにとても「耳障りのいい言葉」をあえて使っていて、「心が弱っている」、先ほど説明したような「ステージが低い人」は反応しやすい言葉で、引っかかってしまう場合があります。

 

まあそれも見方を変えれば1つの「人生経験」とも言えますが。。

 

スピリチュアルというものが危険ではなくそれを扱う人次第。そしてそれをどう見定めるかは結局、自己責任という事です。

 

 



 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “スピリチュアルって危険なの?ハマると怖い特別意識系や洗脳系などの特徴”

  1. ノリさん、こんにちは✨

    今回の記事、すごいおもしろかったです(笑)( ;∀;)

    あらためてふり返ると、自分にも「プチ・ヤンキー」だったなあ…と思う時期がありました(笑)
    私の場合特別な体験とか能力とかなにもないんですが、記事のなかにもあったように、スピリチュアルの知識を知っていることで、自分は特別なんだって気分になって勘違いしていたかもしれないなあと思います。

    >…スピリチュアルに限らず、あらゆるものはそれを「扱う人次第」とも言えます。

    記事のなかのこの部分とても大事だと思いました(*^^*)

    • Mioさんも「プチヤンキー時代」ありましたか。笑
      まあこれはある程度の人は経験する「あるある」ですよね。

      今回の記事で共感&喜んでもらえたようなのでよかったです。

コメントを残す