悟りとは?それってどんな特徴があるの?僕が思う悟りの境地と意味

今回は「悟り」について語ります

 

どうもノリです。

今回のテーマはスピリチュアル系のお話の中でも「悟り」です。

 

よく巷では本屋さんにも「悟りのなんちゃら」みたいな本も売られていますよね。

 

ブログでもこの「さとり」をテーマにしたものも、この世界にはたくさんあります。

 

そして有名になってくると講習会やらセミナーを開いて、

 

「悟りとはなんちゃらかんちゃらです!キリっ」

 

とご親切に説明してくれます。

 

で。

 

ここであなたも気になるのは、

「悟りって何なの?」

って事ですよね。

 

これね逆に僕が聞きたいぐらいですよ。

( ´∀`)Σ⊂(゜Д゜ )こんたわけ!

 

例えば「悟った人」という人がいたとして、僕ならこう質問します。

 

ノリ 「あの~悟った人ですか?」

 

悟った人 「はい。先日悟りました。」

 

ノリ 「あ、そうなんですか。おめでとうございます。あの~それで悟りって何ですか?」

 

悟った人 「悟りとは意識レベルがなんちゃらで~アストラル体がかんちゃらで~」

 

ノリ 「はあ、、、それで「それ」って誰が決めたんですか?」

 

悟った人 「それは過去にブッダがなんちゃらで~キリストがかんちゃらで~」

 

ノリ 「おっふ、、、それでその過去の人達は何を根拠に言ってるんですか?」

 

悟った人 「それは高次元の神様がなんちゃらで~」

 

ノリ 「いごっそ、、、それでその工事現場の神様の言ってる事が「正しい」って誰が決めるんですか?」

 

悟った人 「いやいや神様の言ってる事はどう考えたって正しいでしょ?」

 

ノリ 「いやいやいや「正しさ」なんて、視点によってどうにでも変わるしそれぞれでしょ?」

 

悟った人 「面倒くさ。」

 

ノリ 「すぺぺぺぺっ!」

 

、、、

 

あれ?何の話でしたっけ?笑

 



悟りというただの概念

地球が誕生してまだ人間がいない頃には、「悟り」なんてものはなかったんですよね。

 

どこかの段階で悟りという「何か」が作り出されました。

 

悟りとは人間が作ったただの概念です。

 

もちろん別の視点から言えば「ある」んでしょう。

 

「誰か」が作った「何か」という概念では。

 

これは正しいとか間違ってるという話じゃなくて「好み」の問題なんです。

 

例えば人それぞれ好きなアイドルグループが違うとか、好きなうどんの麺の硬さが違うように「私はこれが好き!」というようなもの。

 

悟りもそういう一つの「ジャンル」なんです。

 

僕も昔参加していたブログランキングでも、そういうのが好きな人が集まるジャンルがあります。

 

ようは「悟りの話」が大好きな人達が、その話で盛り上がるわけです。

 

さっきも言ったように好きなアイドルグループの話で、盛り上がってるのと同じなんです。

 

でもこういう事書いてると、

「悟りをそこらのアイドルグループと同じにするな!」

と悟りファンの人達に怒られそうですけど。。笑

 

悟った人って本当にいるの?

この「悟った人」というのも視点によって、「いる」とも言えるし「いない」とも言えます。

 

「いない」というのは、さっきも説明したように「人間が作った概念」という視点ならいないと言えます。

 

逆に「いる」とするなら日常生活の中で、同じように生活している人だと思います。

 

まず、悟りのブログや本で有名な人が「悟った人なのか?」というのは、一概にそうとは思わないですね。

 

というのもそういう人はどちらかというと、悟りの本の知識が豊富なだけでイコール悟っているとは思えないからです。

 

言っている言葉は立派でも、実際の行動が「そうではない」場合があります。

 

そういう出来事も僕自身実際に見てきました。(この「そうではない」もある意味、「決めつけ」になっちゃいますけどね。笑)

 

あと本当に悟った人がいるなら、たぶん表には出てこないと思います。

 

なぜなら承認欲求がないからです。

 

承認欲求とは、

 

「もっと人に凄いと思われたい!」

「もっと人に認められたい!」

 

というよくある人間の欲求の一つです。

 

承認欲求自体が悪いという事ではなくて、「悟り」というジャンルになると、なにか違和感というかズレみたいなものを感じます。

 

自称「悟った人」によく見られるのが、この承認欲求が強い人が多いです。

 

「悟りが世界を救います!」

 

というような少し煽りにもとれるような言葉を使う事が多いです。

 

こういう言葉を使って人を集めるという事は、裏を返せば「もっと認められたい!」という欲求の現れとも言えます。

 

「救う」という言葉が出たのでついでに言うと、「悟り」が人を救うのではなくて、救うのは自分自身でしかないんですよね。

 

よくお坊さんとかが修行の果てに悟りを得るとか、そういう話があります。

 

それはこの「悟り」をどう定義したにもよるので、正しい間違ってるという事ではないんですけど、悟りって何か特別な事じゃなくてもっと「自然なもの」だと僕は思います。

 

悟りとは特別な何かではないという事。

 

それは「誰か」のための特別な「何か」じゃなくて、本来人間が誰しも持っているというか、もっと「本来あるもの」だと僕は思います。

 

悟れば幸せしかなくなる?

「悟れば問題がなくなって人生を楽に生きられるようになる?」

 

これは結論から言えば「ならない」です。

 

「人生が楽になる」というのは大なり小なりの差ができる程度で、「完全に問題がなくなる事」はないと思います。

 

というのもこの二元性の世界に存在している時点で、「苦」からは完全に逃れる事なんて無理なんです。

 

この「苦」とはわかりやすく言えば、「思い通りにならない」という意味。

 

「存在」=「苦(思い通りにならない)」

 

もちろんこの「苦」があるから反対に位置する、「楽しい」「幸せ」というものも感じる事ができます。

 

だからこれは悪い事ではなくて絶妙なバランスで、陰と陽が混ざりあっているイメージですね。

 

商売上で「幸せしかないように見せている人」はいますけど、あれはあくまでもお客さんの前だけのパフォーマンスみたいなもの。

 

ビジネスですからある意味お客さんに「憧れ」を抱かせないと、商品(本やセミナー)が売れないですから。

 

これはホストもホステスの世界でも同じ事で、お客さんに「夢を与える」のが仕事の一つです。

 

これは別にいい悪いの話ではなくて、そういうビジネス戦略の一つという事。

 

 

「君子占わず」

 

という言葉があります。

 

これは簡単に言うと、占いを極めた究極形は「占わない」という意味です。

 

道を極めると最終的には「占い」という型を捨ててしまうという意味で、「捨ててしまったから無駄になったのか?」と聞かれればそうではなくて、捨てた99%は残った1%に圧縮ファイルのように残ります。(外側にあったエネルギーをすべて内側にしまったというイメージです。)

 

すると占いという型に囚われなくても、その人の言葉や生き方は自然と占いと同じような事をしている状態になります。

 

「悟り」というのも、悟りという型を捨ててその人の言葉や生き方を通して、自然に人に伝えている状態こそが本当の意味での「差取り(悟り)」なんだと僕は思います。

 

 

この世の仕組みの「非二元性」について語ってますけど、そういう話って興味あります?

非二元論(性)は危険?悟りによく出てくるノンデュアリティーについての話

 

 




 

[画像出典 https://unsplash.com]

2 Responses to “悟りとは?それってどんな特徴があるの?僕が思う悟りの境地と意味”

  1. ノリさん、こんにちは♪
    ノリさんの「悟り」についての記事ひさしぶりですね!読みごたえありました。
    とくに最初の「悟った人」との会話、すごくおもしろくて涙ぐみながら笑ってしまいました(笑)( ;∀;)これからもまたつづけて読みたいです(*^^*)

コメントを残す