お盆によくある怪談話で幽霊が見える人や悪霊について僕が思うこと

 

ノリです。

季節はお盆真っ只中ですね。このシーズンになると僕が小学生の頃なんかは「あなたの知らない世界」という怪談番組があったんですが知ってますか?

 

だいたい夏休み時期の昼間の時間帯にやっていたんですが、めちゃくちゃ怖かった思い出があります。あれ別に見なければいいのに、友達なんかと一緒に見ていると「ビビって最初に見るのやめたヤツの負け!」みたいなワケのわからん暗黙のルールみたいなものがあったような気がします。笑

 

あの頃は今とは違いピュアだったので、おっさんになった今あの番組を見たらどう感じるのかな~と思いますね。

 

こうしたお盆シーズンになると、よるある「怪談話」にはだいたい「幽霊」が登場するんですが、今回はそんな「幽霊」をテーマに書きたいと思います。

 

幽霊って本当にいるの?

まず先に極論を言えば、「幽霊がいるいない」どちらにしても「絶対」を証明する事はできません。

 

心霊写真を持ってきても「そんなのどうせ合成写真だろ~」と言われるし、心霊動画を証拠として持ってきても「そんなのどうせCGかなんかでしょ~?」と言われれば幽霊の存在なんて証明しようがないですよね。

 

なのでここでは幽霊が「いない」と言ってしまうとそこで話が終わってしまうので、あくまでも「いる」と仮定した場合の話をしたいと思います。

 

幽霊とは別名で「霊体」と言う事もできます。今このブログを読んでいるあなたも僕ももれなく「肉体」がありますよね。(もし「わたし霊体だけどこのブログ読んでるよ~」って方はコメントください。笑)

 

この「~体」というものは俗に言う魂というものが入る、いわゆる「器(うつわ)」のような役割をしています。なので肉体も霊体も入っている器が違うだけで、二元性の世界に存在しているという部分では基本的にはあまり変わらないんです。

 

そして幽霊というものは一般的には人間からは「見えない」とされていますが、

「見えない」=「いない」

という事ではなくて、昼間に空を見ても星が見えないのと同じで「見えなくても存在している」というイメージです。

 

そして俗に言う「霊能者」と言われる人たちは「あそこに霊がいる、、」と幽霊の存在が見えていますが、この霊能者にも「本当に見えている人」と「ただのホラ吹き」といろいろな人がいると思います。

 

この場合、別に「幽霊が見える」=「特別」という事ではなくて、ただ今世で「そういう役割」というだけです。

 

そしてなぜ幽霊が見える人と見えない人ができるのかと言うと、「この記事」にも書いたようにこの世界のすべてをエネルギーという視点から見たとき、エネルギーにはそれぞれ固有の「周波数(振動数)」のようなものがあって、肉体の周波数と幽霊(霊体)の周波数は違うので、同じ場所にいても基本的には見えません。

 

先ほど説明した霊能者のようないわゆる「見える人」というのは、子供の頃からという人もいれば突然見えるようになった人などの違いはありますが、ようはこの「周波数」が合っている人で幽霊の姿や声が聞こえるという事が起きます。

 

これはある意味「宿命」とも言えることで、それ(霊が見える事)を職業にするしないに関わらず、この世界におけるその人の「設定」と言えます。

 

「霊が見える」という現象は「ラジオ」を思い浮かべてもらえばわかりやすいです。ラジオの電波(周波数)は見えないけど確かにありますよね。その周波数に合わせる事が出来れば、ラジオ番組の放送を聞くことができます。

 

幽霊以外でもスピリチュアルの世界でもよくキラキラ系の人の話に出てくるような「妖精」や「龍」のというような存在の場合も同じで、いわゆる「見える人」というのは周波数が勝手に合っているという設定なので、逆に言えば「見たくなくても(聞きたくなくても)」常に見えてしまうというデメリット的な見方もできます。

 

ちなみにこういう記事を書いている僕ですけど幽霊はまったく見えません。逆に言えば幽霊に会って話す機会があったらいろいろと「質問攻め」したいと思っているので、アッチ側が「こいつなんか面倒くさそうだな、、」と嫌がるかもしれませんね。笑

(´_ゝ`)んなアホな

 

そして次に僕がこの幽霊という存在について個人的に「思う事」があるので、それについて書いてみたいと思います。



悪霊といわれる存在について僕が思う事

よく幽霊というと「これは悪霊の仕業だ!」とか「あいつは悪霊によって呪い殺された~」という、いわゆる「悪霊」という存在がありますよね。

 

本当に悪霊というものが存在するかどうかは置いといて、仮に「いる」とした場合に僕が個人的に思うのは、「悪」という言葉がついてる割になんか「悪度が弱いな~」と思うんですよね。

 

例えば人間には見えないし、肉体ないからたぶん寝なくてもいいわけだから、毎日もっと世界中の人間を恐怖のズンドコに落とすような事をしまくってもいいと思うんです。

 

仮に僕が悪霊だったら逆算して「1年以内に全世界の人間を始末するには具体的にどうすればそれを可能にできるのか?」というプランを考えてコツコツと地道に実行するとか。

(´_ゝ`)やめなさいよ

 

歴史から見ても文明が出来て何千年もあったのに人類は滅んでないわけで、「悪霊は一体何をやってたの?」と聞きたくなるぐらい「悪」の割になんかユルいと思います。

 

よく心霊系の映画やドラマや漫画を見ても悪霊といっても木の陰から「見てるだけ」とか、物を動いたりとして驚かせるだけだし、昔よくあった心霊番組なんかだと霊能者が悪霊に体を乗っ取られて、突然変な事を喋り出すという事態になっても結局フツーに元に戻ったりとか。(たぶんヤラセなんだろうけど。笑)なんか「悪」という言葉の割には規模が小さくて弱いという印象です。

 

仮に僕が悪霊だったらまず地区ごとに組合みたいな支部を作って情報収集して、いかに効率よく人間世界に悪影響を及ぼす事ができるのか会議を開いて、、( ´∀`)Σ⊂(゜Д゜ )だからやめなさいよ!

 

これは個人的に考えて大まかに2つのパターンが考えられます。

 

  • 何かしらの存在が悪霊の力を抑えている。
  • そもそも悪霊自体にそんな大した力がない。

 

これは実際はどうなのか?とかそういう事はどうでもよくて結果だけ見れば、

悪霊が仮にいるとしても、必要以上にビビる必要はない。

という事。

 

極論ですけど、悪霊が世界的に影響を及ぼすぐらいめちゃくちゃ強くて怖い存在なら、この世界はとっくに滅んでます。笑

 

少なくとも僕が悪霊ならそうしてます。(キリっ)

( ´∀`)Σ⊂(゜Д゜ )ばかやろう!

 

 

人間が幽霊の世界にほとんど干渉できないように、幽霊もこの人間の世界に大きく干渉する事はできないんだと思います。

 

さっきも言ったように、映画やドラマでも幽霊で登場するシーンってだいたい「ただ見てるだけ」です。そしてそれを見た人間が「キャーッ!」って過剰に反応しますけど、よくよく考えてみたら「見てるだけ」ですから。

 

「怖い」だけで言えば、幽霊よりも人間のほうがよっぽど「怖い」と思いますけどね。

 



 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

コメントを残す