僕が思うスピリチュアルにある悟りや非二元の言葉に潜むデメリット

 

 

「時間は幻想」

 

「場所は幻想」

 

「この世は幻想」

 

「いいも悪いもない」

 

「意味も価値もない」

 

「何があっても大丈夫」

 

「私はいない」

 

「すべて愛」

 

 

、、、という悟り系の話によく出てくる言葉たち

 

この言葉が「正しい間違っている」というのはあまり問題ではなく

 

仮に「正しい」としても、、

 

 

幻想だとしても時間も場所もある

 

幻想だとしても肉体はある

 

幻想だとしても他人はいるし私もいる

 

幻想だとしても二元性の世界にいる以上「いい悪い」はある

 

幻想だとしても「意味や価値」はある

 

幻想だとしても肉体がある以上「何があっても」大丈夫ではない

 

幻想だとしても二元性の世界で生きている以上、「愛だけ」という片側だけの「いいとこ取り」はできない

 

 

悟り系に出てくる言葉たちは精神的部分の「痛み止め」のようなもの

 

だからこの世界で「100%必要ないもの」ではないが

 

痛み止めは一時的な応急措置であって「使い続ける」ものではない

 

この二元性の世界で日常的に使い続けるものではない

 

痛み止めは使い続ければ副作用が出ていずれ「毒」にもなる

 

この世界では「いい悪い」もあるし「意味や価値」もあるし「何があっても大丈夫」ではない

 

 

「きっと大丈夫だよ~」というポジティブな考え方は確かに必要な時もあるけど

 

天秤と同じでポジティブに偏りすぎるのはバランスを崩し、結果物事を余計に悪化させる

 

悟り系の話は間違ってはいないがそれは「この世界の視点」ではなく、どこまでいっても「ある視点」の話

 

受け取る側の注意点はその話をこの世界の事と混同させず、そのまま「鵜呑みにしない」ということ

 

 

この二元性の世界で存在し生きていくということは、「痛み」からは避けて通れない

 

一時的に痛みから逃れることはできても

 

 

痛みから「逃げ続ける」ことはできない

 

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

コメントを残す