【読者さんからの質問】スピリチュアル視点から見たエネルギーと体調のお話

ブログ読者さんからの質問

ノリです。

 

今回はブログ読者さんからの質問からお話していきたいと思います。

 

ではさっそくいきましょう。

ノリさんこんにちは。

いつもメルマガ楽しみにしてます。

ノリさんに質問です。

私は治療院を営んでいますが、初めての患者さんや治りが悪い患者さんを見ていると四六時中ネガティブ事や物事や世の中に白黒つけている方が多いように感じます。

そういう方も日頃からエネルギーがだだ漏れになっているのでしょうか?

エネルギーと体調のお話

Mさん質問ありがとうございました。

 

まず質問に対しての結論を先に言うと、「エネルギーだだ漏れ」です。笑

(´<_` )あらやだ!

 

これはとてもわかりやすいパターンですね。

 

ネガティブ、不平不満、悪口というのはわかりやすくエネルギーが漏れます。

 

この「漏れる」というのは別の言葉で「下がる」でも同じです。

 

あと「世の中、物事に白黒つけたがる」というのもスピリチュアル的な言葉にすると、「ジャッジする」という考え方と同じですね。

(ジャッジについて書いた記事はこちらです。)
https://nori-blog.com/spiritual/judge/

 

この「ジャッジ」というのもしなさ過ぎるとバランスが悪いし、逆にし過ぎてもエネルギー的に良くないです。

 

ジャッジをし過ぎると、

「私の言ってる事が絶対的に正しいんだ!」

とエネルギーの状態的には固くなるので、人や物事に対して攻撃的になって、無駄に怒りの感情に振り回されてしまうという事が起きます。

 

僕もブログでよく使う、「この世に絶対はない。」というのもジャッジの罠にかからないための一つの考え方です。(もっと厳密に言えば絶対はないというジャッジをしてますが、、笑)

 

僕自身、Mさんと同じ接客業なのでそういうお客さんは確かに一定数います。笑

 

エネルギーが漏れているのでケガの治りも悪かったり、また別の病気やトラブルなども起きやすいと思います。(絶対ではないです。笑)

 

なぜなら「エネルギーが漏れる」というのは、イコールで「運気が下がる」と同じだからです。

 

ここで気をつけてたいのは、そういう人を見て、

「うわー。あの人めっちゃネガティブでジャッジするやん~!最悪~!」

という感じになってしまうと、結果的に自分も人の悪口を言ってしまってエネルギーが漏れてしまいます。

 

「批判する人を批判する。」

というような状態ですね。笑

(´<_` )あやらだ!

 

なので「今のその人はそういう人」というように、少し自分と相手を切り離し俯瞰した位置から見て、相手と同じ土俵に上がらない事が大事だと思います。

 

またスピリチュアルな世界にありがちなんですが例えば、

「ネガティブはダメ!ジャッジはダメ!」

とやってしまうと、いずれバランスを崩してむしろ生きる事が苦しくなったります。

 

この世は「二元性(陰陽)」の世界なので、ポジティブもネガティブも必ずどちらも存在します。

 

なのでネガティブも認め、ジャッジもほどほどにバランスをとって生きていく事がいいと個人的には思います。

 

参考になれば幸いです。

 

今回は以上です。

 

 

[画像出典 Unsplash]

 




コメントを残す

CAPTCHA