朝ドラを見てて思った思春期によくある親子関係の悩みについて

 

 

どうもノリです。

いきなりでなんですけどNHKの「朝ドラ」って見ます?

(´_ゝ`)どした急に?

 

僕は自営業なので仕事上見れてしまうんですけど、ふつうに会社に通勤しているサラリーマンの人は朝8時からやっているので、なかなか見れないとは思いますが。

 

今の朝ドラは「半分青い」というタイトルで、主役のヒロインは「永野芽郁」さんという女優さんで、その主役の幼なじみ役でイケメン俳優の「佐藤健」さんが出演しています。

 

まあだいたい毎日仕事の始まる前に、習慣になって見てるんですね。この前、朝ドラを見ていて思ったことをちょっとブログネタとして書いてみたいと思います。

 

朝ドラ見てて思った親子関係の悩み

全体のストーリーはちょっと割愛して、ヒロインの女子高校生の「すずめ」が進路を決める時期に、

「東京に行って漫画家を目指したい!」

とある日いきなり親にぶっこむわけです。

 

このヒロインのすずめは「片方の耳が聞こえない」という身体的ハンデを背負っているので、特に母親が娘の「東京行き」に猛反対するわけですね。

 

「あんたなんかが東京行ってやっていけるわけないでしょ!」

 

当然、この母親の主張に対して娘は言い返します。

「なんでそうやって勝手に決めつけるの!?」

というカンジで言い合いになって、娘はたまらずに家を飛び出して泣き泣き歩くという展開になります。

 

これってどこの家庭にもありそうな「あるある」ですよね。これもそれぞれの視点によって見えてくるものが違ってきます。

ヒロインからすれば、

 

「お母さんは私の事ぜんぜん理解してくれない」

「お母さんは頭ごなしに物事を決めつける」

「もっと私を認めてよ!」

 

というような思いをお母さんに対して抱きます。

 

逆にお母さんの視点から見れば、

 

「身体的ハンデがあるのに大都会で生きていくなんて無理。」

「昔からあの子を見てるから私にはわかる。あの子にはそんな力なんてない。」

「あなたは世の中をなにも知らないからそんな事言えるの!」

 

という親ならだれしもわが子を心配する思いを抱いています。あ、ちなみに僕にも娘がひとりいますから、その気持ちもよく分かります。笑

 

これはどちらの視点が正しいわけでもなく、それぞれ正しいとも言える状態です。



親子それぞれにある想い

ヒロインの方は「自分の想い」をストレートに言っているので、周りに迷惑かけるとかそんな事はほっといて共感できます。

 

ここで問題なのはお母さんの視点です。

「身体的ハンデがあるのに大都会で生きていくなんて無理」

これは一見「子供のために」言っているようで、実は「自分のため」に言っています。

 

子供の想いより自分が「楽」になりたいから言っています。

 

本人はそう思ってないと思いますけど、「子供の気持ち」より「自分の気持ち」を優先させた言葉なんですね。なぜかというと、お母さん自身が「心配したくない」から娘の東京行きを止めています。

「東京で生きいけるわけない」

という心配は確かに間違ってないんです。

 

ただ厳密に言えば、「今現時点では」という事なんですよね。

「あなたは世の中をなにも知らないからそんな事言えるの!」

これも現時点の話でヒロインは「なにも知らない」からこそ、これから東京へ行って人生の勉強しようとしてるわけなんです。

 

逆に最初っから何でも知っている人なんてこの世にいないです。

 

今はまだ田舎育ちの世間知らずだからこそ、これから上京して泣いて泥水すすって、人間として成長しようとしてるんですね。

 

どんな事も同じなんですけど、始める前からうまくいくとかいかないとか誰にだって分かるわけないんです。究極的に言えば神様だって「分からない」んですから。笑 少し話がそれましたが、、

 

このお母さんと娘のやり取りは、鳥かごから飛び立とうとする鳥を飼い主が一生懸命閉じ込めようとしているイメージです。

 

このお母さんは娘によかれと自分の思い通りにしようとしてますけど、この世の共通設定は「思い通りにならない」という事を知るともう少し肩の力が抜けると思います。

 

子供がある程度の年齢に達したら、最終的には見守るしかないんですよね。ほらベタな話、「親」って漢字も「木の上に立って見る」ですよね。

 

ようはこの朝ドラの母親は我が子に対して腹がくくれてない状態です。

「何でも自分の思い通りにしたい!」

というのは誰だってそう思いますよね。

 

もちろんある程度は自分の努力次第で思い通りにする事は可能なんですけど、それはあくまでも「自分の事」です。

 

お母さんにはお母さんの世界があるように、子供には子供の世界があります。

 

「子供の事」は親の思い通りにはなりません。

 

「親の事」も子供の思い通りになりません。

 

例えば日本という国がどこかの国に、

「あーせえ!こーせえ!」

と思い通りにしようとすると戦争(ケンカ)になるのといっしょで、自分以外の何かは思い通りにならないです。

 

というか極論、自分ひとりでさえ思い通りにならないわけですから。笑

 

まあ親子なんだから基本的には言いたい事を言い合えばいいんですけど、国といっしょで「これ以上は侵入したらあかん!」というある程度の境界線(距離感)は大事だと思います。

 

なんだかつらつら書いてしまいましたが、、

 

朝ドラのやり取りを見て思った「親子関係の問題」の事をダーっと書いてみました。

 

まあ今回はそんなカンジで、、

(´_ゝ`)ってどんなカンジ?

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “朝ドラを見てて思った思春期によくある親子関係の悩みについて”

  1. ノリさん、おはようございます♪
    「半分、青い」早番でないとき、ときどき見ます。やっぱりこのあとの展開気になりますね~。あと個人的には星野源さんのテーマ曲が耳に焼きついてしまって…一時困りました(笑)(;つД`)
    朝の連ドラといえば思い出深いのは「花子とアン」(笑)
    「ごきげんよう」…ノリさんのブログでも記事の閉めのことばでよく出てきたので覚えています。「ゴートゥーベッド!!」(笑)というのもありましたね~(笑)なつかしいですね。

    セブンのアイスは冬によくマカロンアイスを食べてました。まだあるかなあ…(笑)(;´Д`)帰り寄ってシューアイスといっしょにちょっと探してみます(*^^*)

    • 「ごきげんよう」と「ゴートゥーベッド!!」
      めちゃくちゃ懐かしいですね。笑

      マカロンアイス、、気になります。。

コメントを残す