【人生は問題だらけ夢だらけ?】問題を解決する方法は自分の中にある

ルービックキューブ

問題があるという問題

今回は「人生は問題だらけ夢だらけ問題は自分で作っているという壮大なネタ」というテーマでお話していきたいと思います。

(´<_` )ふ~ん

 

人生っていろんな「問題」があります。

 

ある視点から言えば、問題というのは「出来事に対して問題と思った時に問題というもの」が生まれます。

(´<_` )なぞなぞ?

 

たとえば極端な話、今この瞬間に地球が爆発して人類が全て滅んだとしたら、この地球上で全人類が抱えているあらゆる問題は無くなります。

 

なぜ問題が無くなったのかというと「問題だ!」と思う人間が一人も存在しなくなったからです。

(´<_` )それヤバみ笑

いろいろある問題

よくある例えで「コップに水が半分ある」の話でいえば、起きている現象としては、「コップの中に水が半分ある」。

 

その無色の状態に対して、

「水が半分しかない!」

「水が半分もある!」

「ただ水が半分ある。」

と人間がそれぞれの色眼鏡で「問題だ!」「問題じゃない!」と色(意味や価値)をつけています。

 

例えば人間関係でAさんが「スゴいイヤな上司がいるー!人生最悪だー!」という問題があったとします。

 

Aさんは上司に「イヤな人」という色をつけています。

 

ただこの「イヤな人」という色はAさんがつけたものであって、全世界の人にとってその上司が「イヤな人」とは限りません。

 

Aさんは今日も命があって家族がいて、目が見えて健康で酸素が吸えて地球が爆発してなくて、水道から水が出て自由に飲めてしかも風呂に入れるという「ある」にフォーカスせずに、「上司がイヤな人」という「ない」にフォーカスして生きています。(いい悪いは別として。)

 

例えば夫婦関係でBさんの旦那さんは仕事から帰宅すると、ため息ばかりついて暗い雰囲気でご飯を食べています。

 

Bさんは、

「帰ってくるとため息ばかりついて嫌な感じ!もう少し明るくできないのかしら!」

と旦那さんに対して問題があると思っています。

 

ニュートラルな視点から見れば、

「旦那さんは仕事から帰ってきてため息をつきながらメシを食べている。」

という状態になります。

 

その状態に対してBさんは色をつけています。

 

旦那さんが今日も健康で仕事ができて、大きな事故や病気もせずに生きていて、酸素が吸えて大きな地震も起きず、地球も爆発してなくて太陽も爆発していなくて、ママ友とおしゃれなお店でランチに行けて、そこにいるスノーマンの目黒蓮似のイケメンな店員さんと喋れて同じ空気を吸えて自分が今生きているという「ある」にはフォーカスせずに、「旦那がなんか暗い」という「ない」ほうにフォーカスしている状態です。

(´<_` )なげえよ笑

 

「問題」というのはこの「ない」にフォーカスしている状態です。

 

そして「ある」にフォーカスするのも、「ない」にフォーカスするのも「自由」です。

 

自由であり「正しい、間違い」もないです。

問題と時間

また別視点では問題というのは「時間」とともに無く(薄く)なっていきます。

(´<_` )?

 

例えば子供の頃に問題だった事って、大人になるとほとんどの事が問題ではなくなっていますよね。

 

それは子供の頃の問題は、今の自分から見たら「小さな事」でも問題だったからです。

 

例えば今現在あなたが問題だと思っている事も、10年後には問題ではなくなっているかもしれません。

 

それは今のあなたと未来のあなたとでは、「問題だ!」と思う範囲が変わるからです。

(まったく変わらないパターンもありますが、、笑)

 

もっと極端な事を言えば死ぬ直前になると、もうほとんどの事が問題ではなくなっているかもしれません。

 

それはなぜかといえば、「死」の間近になるほど「ああしたい!」「こうしたい!」という執着(エゴ)が薄くなっていくからです。

【エゴの本当の意味とは?】スピリチュアルの話にある自我の取り扱い方法

 

それはある意味でいろいろな事を「諦める」からです。

 

逆にエゴが強い人ほど、「もっとああしとけばよかった、こうしとけばよかった!」と後悔が強くなります。

まとめ

誰がいったのかは忘れたんですけど、笑

「死ぬ事意外かすり傷」

という言葉がありますよね。

 

この言葉は今回のテーマを一言で表現しているな~と思うんですよね。

 

たいして問題でもない事を「問題」だと思う心がある。

 

もちろんこれも程度問題なので、「どんな事が起きても問題だと思うな!」という事ではなくて、これもその人の「魂レベル」にもよります。

 

今回言いたい事は、たいした事のない出来事をイチイチ問題として作り出さなくていいという事です。

 

そして極論を言えば、根源(ワンネス)から見ればこの世は体験型の映画であり、どんな出来事も問題も「人生の全ては夢のようなものでありネタである。」という事ですね。

(´<_` )ちーん

 

というわけで今回は「人生は問題だらけ夢だらけ問題は自分で作っているという壮大なネタ」というお話をしました。

 

「関係記事」→【幸せになるのは意外と簡単?】その理由をブログで語ります 自分編

YouTube版

 

実はひっそりとメルマガもやってます。。

【エネルギー通信】場末のおっさんノリの唯一無二のメルマガ

[画像出典 Unsplash]




コメントを残す

CAPTCHA