ハーゲンダッツの期間限定商品「香る珈琲バニラ」実食した感想

 

ノリです。

前にツイッターでもつぶやいてたんですが、最近ハーゲンダッツの「期間限定」のやつが出てたんですね。

 

ハーゲンダッツは味が濃ゆいから好きなんです。

 

先日、ようやく近くのスーパーでゲット出来たので、超自己満ですけどこのブログで紹介したいと思います。

 

まずその前に「そもそもハーゲンダッツって?」というところから少し調べてみたので情報をシェアします。

 

そもそもハーゲンダッツって?

ハーゲンダッツは元を辿るとアメリカの会社みたいですね。

 

1920年代に創始者である「ルーベンマッタス」という人が、その奥さんとアメリカのニューヨークでアイスクリームの行商を荷馬車から始めたのが、ハーゲンダッツのスタートのようです。

 

「ハーゲンダッツ」の名前の由来なんですが、調べてみると意外な事に「あまり意味がない」ようです。笑

(´_ゝ`)まじ?

 

どういう事かと言うと、当時「アイスクリーム」というと「デンマーク産」というのが大衆のイメージだったようで、なぜデンマークかと言うと「酪農が盛ん」というイメージが欧米で強かったからです。

 

そこでアメリカの消費者にヨーロッパ風だという先入観を持たせるために、デンマークの首都「コペンハーゲン」の「ハーゲン」とその語呂というか余韻にマッチングするという理由で、「ダッツ」を組み合わせた造語という話です。

 

「え?ハーゲンは分かるけどダッツってそんな理由?」

 

と思ったのは僕だけでしょうか?笑

(´_ゝ`)しーん



期間限定「香る珈琲バニラ」を実食

ハーゲンダッツ期間限定

 

これ僕の好きな「珈琲」と「バニラ」がコラボしてるのでなにげに最強です。

 

まあハーゲンダッツのバニラは前からよく知ってるし鉄板なので問題ないですけど、「珈琲」のスペックが分からないのでちょっと公式ホームページで調べてみました。

 

珈琲の部分のアイスですが、「コーヒーソルベ」という名前で、

「コーヒー豆の香りと苦みを追求した本格的なコーヒーの味わい。後味も爽やか。」

とのことです。

 

「淹れたての香りとキレのある苦みのヒミツ」

  1. コロンビア産のアラビカ種のコーヒー豆。
  2. 100度以上の高温抽出で旨みが濃くなる。
  3. 凍結濃縮で風味劣化を防いで淹れたての香りを閉じ込めた。
  4. コーヒーオイルを抽出。(香りだけでなく風味も豊かに)

 

自分から調べておいてなんですが、(笑)とりあえず小難しい話は置いといて食べてみた感想は、

 

、、、

 

、、

 

 

うんまっ!

( ´∀`)Σ⊂(゜Д゜ )食レポヘタか!

 

、、、失礼しました。

 

コーヒーソルベの部分が思っていたより苦みがあって「大人な味」ですね。コーヒー感がしっかりとしているので、僕としても満足する味です。

 

甘さが欲しい場合はバニラの部分を多めにすくったり、コーヒー感が欲しい場合はコーヒーソルベの部分を多めにすくったりと、自分の好みで調整できるのがいいですね。

 

これめちゃくちゃ好きな味なので、「期間限定」と言わずレギュラー化してもらえませんか?ダメですか?え?なんで?

(´_ゝ`)誰に?

 

僕が子供の頃に高級なアイスと言えば、「レディーボーデン」とか「ビエネッタ」で、冷凍庫にあると速攻食べてた記憶がありますね。

 

今は高級アイスと言えば「ハーゲンダッツ」のイメージが強いです。この世代交代を見ると今後このハーゲンダッツを超えるアイスが登場するのかな?

 

でも個人的には「パルム」も好きなんですけどね。

 



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

[画像出典 https://unsplash.com]

 

2 Responses to “ハーゲンダッツの期間限定商品「香る珈琲バニラ」実食した感想”

  1. ノリさん、おはようございます✨

    >「え?ハーゲンは分かるけどダッツってそんな理由?」

    ノリさん、記事を読んで私も思いました(笑)そんな理由だったんですね。。(笑)(;・∀・)
    でも、なんか耳に残るおしゃれで絶妙なネーミングですよね。

    先週の発売日のあと私も食べたんですが、いつもの濃厚なバニラも味わえて、コーヒーソルベ部分もしっかりコーヒーしててとてもおいしかったです。

    ノリさんの顔でぜひレギュラー化お願いします(笑)( ´∀`)

コメントを残す