この世界(社会)で【必要のない人間】なんていない理由

 

必要ない人なんてこの世界にはいない。

 

この言葉も、「ただのきれい事」に聞こえるかもしれないけど。

 

これも「必要」という言葉に、人がそれぞれどういう想いを載せているかによる。

 

この世の基準での必要と、その次元ではない視点からの必要は全く別物。

 

善悪という二元性を超えた視点からの必要の意味は違う。

 

あらゆる視点で本当に必要がないなら、この世に生まれてこない。

 

そもそも存在していない。

 

必要だから存在している。

 

理由や目的があるから存在している。

 

「自分は必要ない人間」

「必要とされていない人間」

 

と思っているなら、それは本人がそう思ってるだけの勘違いに過ぎない。

 

人生で「どう思うか」は自由だけど、それは正解でも間違いでもなくて「ただの一つの想い」に過ぎない。

 

 

この世界に必要ない人なんていない。

 

というこれも、ただの一つの想いに過ぎないけど。。

 

 

「人間なら誰しも感じる孤独感」についての記事はこちらです。

人生の中で「自分なんて必要ない」という孤独感の原因と克服する考え方

 



 

[画像出典 https://unsplash.com/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)